自己中心的特権意識2022年09月23日 09:16

 同志社大のアメフト部員の破廉恥極まりない事件を受けて、同志社大の担当者は「逮捕された学生に自己中心的な特権意識があったと思う。大学側の対応が不十分だった」と語ったという。

 この問題はどうやら「運動部員」たちの間でも問題とされているようだが、本当にそれでいいのか。

 いろいろと問題が取り沙汰されている「部活動」だが、「自己中心的特権階級」が運動部だけの専売特許とは思えない。それは、一運動部活動に過ぎない「野球」とやらいう競技の年2回の全国大会の会場となる「甲子園」という固有名詞が、いつの間にやら様々な部活動の全国大会のシンボル呼称となっていることからも伺える。(マスコミも流石に芸がないと考えたのか、最近は「花園」もたまに聞く)

 全国大会出場部活動が文化系・運動系を含めて「学校のセールスポイント」となっていることも元凶の一つだろう。部活動だけで卒業できるルールは文科省も認めていない。いわば「おまけ」的(と言って怒る人がいるなら、「オプション」と言い換えよう)活動がむやみに重視されている現状を見れば、「特権階級意識(俺が頑張ったから、学校の株があがってるんだぞ!)」の一つも生まれようというものだ。だが、オプションで志願者を勧誘するのは、某大臣の言葉を借りればまさに「邪道」である。「邪道」にろくな結果は伴わない。「貧すれば鈍する」である。

 部活動の問題を取り上げるマスコミが、その裏でそのシンボルとでも言っていい競技の全国大会に深く関与していたり、部活動をニュースソースにして視聴率を稼ごう(つまりは金を儲けよう)としたりしているのだから、末期的症状である。マスコミに自浄の意識はあるのだろうか。

 部活動は「遊び」である。優先順位は絶対に1位になってはならない。そして、「遊び」は、だからこそ重要なのだ。2位以下の存在がなければ、1位も消え失せ、人の生活は閉塞し、息が詰まってしまう。より良く生きるためには絶対に「遊び」は必要だ。「遊び」を見下し、効率ばかりを追い求める、貧しさの極みにあるような視点が、「遊び」を「聖なる活動」へと祭り上げようとする歪んだ意識を生み、その歪みの上に権力と金権、暴力と支配が生まれる。スポーツ界がその悪弊にまみれているのは昨今の某国際大運動会絡みの騒動を待つまでもなくわかりきっている。だが、文化系も映画界の問題や芸能・音楽界の悪弊を見ればまた同じ穴の狢だ。

 自己中心的特権意識は、恣意的権力の根底となる。遊びの世界のうちに芽を摘まないと、どこかの国の為政者のように、愛国心という名の国粋主義的かつ誇大妄想的ノスタルジーを振りかざし、他国民と自国民を見境なく殺し始めてしまう。そしてそれは他人事ではない。

「インターステラー」を観る2022年09月13日 20:51

 「インターステラー」を観る。2014年アメリカ映画、監督はクリストファー・ノーラン。

 ノーラン作品だけに、ご多分に漏れず、長い。169分。3時間弱である。だが、その長尺を退屈させないところがまたすごい。

 「2001年宇宙の旅」の影響をそこここに感じるが、あれが徹底して非人情で無機質な世界だったのと対照的に、こちらは徹底して人情・愛情たっぷりの熱い世界。真正面からワームホール・ブラックホール、相対論に立脚した時間膨張を取り込んだところが現代風か。

 重力をコントロールすることができるようになれば、当然重力による空間歪曲もコントロールでき、それはつまりは時空を、そして光をも制御できることになる。つまり、時間も、サイズも、自由自在となるテクノロジーということになる。ラスト近くの伏線回収で、その辺を理解していないと置いてけぼりをくらって、くだらない作品だと頓珍漢なコメントをしてしまいそうだ。重力をコントロールするということはそれほどとんでもないことであり、その結果が現代人にとっては魔法やマンガのように感じられるのは無理もないだろう。十分に進んだテクノロジーは、未開人にはただの魔法と見分けがつかないといったのはクラークだったか。

 3時間、飽きることはない。重力コントロールということの意味がつかめていれば。そこがこの作品のキモであり、ハードなポイントだ。そこさえクリアすれば、いい人情噺である。2001年よりも随分フレンドリーな作品だと言えるだろう。

教育とお金2022年09月05日 20:00

 アメリカでは教育ローンの減額政策が実施されるという。

 アメリカの大学の学費は、補助金の削除や高額なヘッドハンティングのための人件費など、複合的なものであるらしいので、日本とは単純比較にならないが、それでも報道では学費は20年で3倍となっているという。

 日本では「金利が低い」「返済がアメリカほど厳しくない」などと、火消し論が続出しているようだが、国公立大学の学費は年間約60万円。自宅から通学できる非常に幸運な学生を除けば、これにプラスして生活費、住居費が必要となる。学費程度の金額がこれに回る。研究や学習内容によってはアルバイトに時間を取りにくい学生もいるだろうし、昨今のCOVID-19のようなことがあれば、アルバイトどころではなくなる。そうでなくてもこの急激な円安で実体景気は冷え込む。喜んでいるのは一部のトレーダーぐらいのものだ。

 日本はアメリカほど(というより、先進国と名乗るには恥ずかしいほど)給与ベースが高くない。アメリカ人学生の平均奨学金負債が約400万円弱。これは日本の大学生の学費総額も似たような額になる((60+60)*4+入学金等)。学び直しという考え方が薄い日本では、大学に複数回入学して学ぶということが殆どないので、多重債務こそ少ないが、インカムが少なく、出費がアメリカと同じなら、火消しどころかアメリカより大変な現実があることになる。

 多額の負債を負ってまで進学が求められるのは、当然キャリアに直結するからだ。大学卒の学歴(学力とは言っていない)を要求するのは企業や国・地方公共団体である。となれば、受益者は学生だけではない。大卒求人を求める企業・国・地方公共団体もまた大学教育の受益者となる。その意味で国の施策としての学費負担は当然だ。

 大卒求人を条件とする企業、あるいは結果として大卒応募者を優先採用する企業(大卒を条件にしていないけど、結局大卒しか採用しないズルい企業もいるだろうから)は、採用した大卒職員の学費の相当額を負担するのが筋である。それが嫌なら、大学での学びに必要な費用を大学生の親となる職員に対して給与の形で保証すべきだ。当然授業料分程度の負担はあってしかるべきだし、自宅から通えない状況なら単身赴任手当ぐらいの金額も求められるだろう。

 それが嫌なら、高卒でも中卒でも採用して、自社でコストをかけて教育すべきだ。卒業後の学び直しの機会が経済的に保証されていないこの国が、学び直しを積極的に推し進める他国にみるみる引き離されている現状を見れば、企業も学費負担を無視することなどできるはずがない。

 雀の涙ほどの奨学金を知らないどこかにばらまいて節税のネタにするぐらいなら、自社に関わる人材の学費をしっかり負担するほうがよほどいいのではないか。その意味で、かつての日本育英会が教員として採用された学生の奨学金返済を免除していたのは理にかなっていたのである(そして、それをやめた結果が今の教員不足の遠因ともなっている)。

「Uボート ディレクターズカット」を観る2022年09月04日 08:59

 「Uボート ディレクターズカット」を観る。

 これもまた縁が薄かった作品。3時間超ともなると、それなりの気構えも必要となる。劇場で観ることが叶わないと、なかなかじっくり観ることのできる尺とはいい難い。つまみ食い的に観ていたが、やっときちんと観ることができた。

 とはいえ、この長尺をダレることなくしっかりと引き締めているのだから見事。Uボートをメインに据える映画なのだから、当然ナチス側の視点なのだが、そういうイデオロギーは最前線にとってはどこかよその話。乗組員たちにとってヒトラーもナチスも、自分たちを死地に追いやる厄介な連中であって、連合軍との変わりはない。そんな中に一人ゴチゴチのナチ将校も乗り組むが、やはり浮いている。そんなエリート将校も、水兵たちと平等に「ケジラミ」にやられてしまう。前線の現場ではイデオロギーなど簡単に吹き飛んでしまうことを笑いで皮肉るというのがいい。庶民派視点である。

 食料、補給、乗組員各自の事情、ナチへの反感、敵との交戦の恐怖、水圧との戦い、狭い船内でのストレス…数え切れない困難に見舞われる乗組員の姿には感情移入せざるを得ない。極限状態では敵味方や政治イデオロギーなどは力を失う。

 人口に膾炙しているが、ラストシーンの残酷さはやはり衝撃。

止まらない円安2022年09月03日 21:09

 円安が止まらない。

 誰が「円安」がいいと言い出したのか。

 円が安くなれば、資源もなく食料自給率も高くないこの国の産業や国民の生活にはリスクが生まれるのは火を見るより明らかだ。

 円安になれば、製品の値段が海外から見て割安になるので、バンバン売れて儲かるという理屈だが、その製品を作る原料のコストが上がれば、価格も上がり、元の木阿弥だ。さっと円安になってどっと爆買いしてもらって、とっとと円高に戻して、がっぽり稼いだ分を給料に回す。そんなことを考えていたのだろうが、すでに日本のものづくりはそれ以前からオワコン化していた。だからいくら稼いでも、時代遅れの製造業は海外の先進的製造業の突き上げを喰らい、それに対処するために金をつぎ込み、満足に給料に回すこともできず、内部留保ばかりが膨れ上がった。

 内部留保は貧富の差そのものだ。少数の大企業が太りあがったのは、じつは長い目で見れば大多数の国民からの賃金搾取に立脚していたことになる。その間も日本の産業力はジリ貧化して、とうとう円の信用すら崩壊してしまっている。すでに金利を上げる選択すらできないのだから、末期症状だ。

 ゴルバチョフ政権時のソ連、スターリンからブレジネフ時代に腐敗しきり、崩壊しつくした国家を再建することは誰にも不可能だった。ゴルバチョフはその現実を受け止め、暗黒時代を短縮化し、ソ連という崩壊した国家をかろうじて不時着させた。だが不時着機の乗客はそのダメージの責任をゴルバチョフに負わせ、彼は国内では不人気な大統領となった。やむを得ないだろう。ソ連(そしてロシア)国民にとって、国家崩壊など知ったことではなかったのだから。勝手に独裁恐怖政治で国家を食い物にしたのは庶民ではない。

 もはやこの国の経済、産業はソ連化しているのではないか。投票率が40%そこそこの国の国民にとって、失政は「知ったことではない」。この国を食い物にしたのは誰か…