プロジェクト始動2014年07月13日 07:03

 blogプロジェクトを開始する。

 朝から雨。梅雨末期とは言え、さすがにこれだけ激しい雨が多いと閉口する。
 その後も天気は不安定。ただ蒸し暑い。

 家族でレンタルDVDの返却を兼ねて買い物へ。
 贔屓にしていた書店が、この春のリニューアルで岩波の新刊を入れなくなってしまった上に、売り場面積も大幅削減したので、かなりがっかりしている。また遠くの書店に足を運ばねばと思うと、これまた閉口する。

 地方在住者には現物での文化のサポートは困難な時代になってきた、というより、バブル前の状況に逆戻りした感がある。ネットがある分いくらかはマシだが。

 新聞に、地方の書店やCDショップの消滅はアマゾンを筆頭にしたネット通販が原因だから、アマゾン禁止法をヨーロッパに倣って作るべきだという投書があったが、はなから地方書店やCDショップには、売れ筋のものしかなく、本当に文化の下支えができていたかどうかは疑問だ。むしろアマゾンのようなネット店舗によって、やっと地方にも文化の下支えができたという方が正しいだろう。アマゾンは地方在住者にとっては福音である。
 書店やCDショップを育てるには客と店との協調が必須。商売だけではなく、文化の供給もこれらの商店の地域での役目であり、商店の主人は文化人であると同時に商売人でもあった。また、そんな店を贔屓にする「読み上手」「聞き上手」な客もいた。
 それが崩壊して、金儲け優先になったのがバブル期だったような気がする。売れるものしか置かない店ばかりが乱立し、そういう店のみが生き残る。文化に憧れる人々はみな都会に流れた。もっともその文化すら俗物文化に過ぎないものがほとんどだったが。そして「読み上手」「聞き上手」も店から姿を消していった。
 そんな中、乱造されるラノベ市場で読書好きの若者をいつまでも囲い込み、それを金蔓として太っている出版業界。MP3の配信で十分な楽曲と音質で、CDの音質すら不要とした商品を乱発し、大衆音楽を支配した音楽業界。文学や音楽の鑑賞をきちんと教えることのできない学校教育。地方の文化を担う商店が軒並み崩壊したのは、ある意味業界の自業自得とも言える。
 アマゾンを禁止したところで、文化的な商店を支える顧客の数は地方では充足し得ない。アマゾン禁止が実施されれば、地方での文化流入は壊滅するだろう。
 地方に根付く伝統文化を振興すればいいではないかという声が聞こえてきそうだが、あたらしい風が吹き込まないようでは、現代に繋がる伝統文化は生まれ得ない。変化の余地のない伝統文化は、ただの残骸に過ぎない。
 学びさえも金で買える。努力も金で代えられる。そんなふうに金で学びをアウトソーシングすれば、文化は崩壊する。そして、すでに地方はそうなっている。息を吹き返すには、自分で苦労しながら、新しい世界を学ぶことしかない。周囲のものに原因をおっかぶせて、それを叩いてよしとするのは、あまりに浅薄な考え方ではなかろうか。NO-TVデー運動然り、ゲーム罪悪論然り。アマゾンなどのウェブ店舗もまた然り。物言わぬ道具に人の世の不都合の責任をかぶせるのはそろそろやめにすべきだろう。物を使うのはあくまで人。
 昔のアニメソングにも「いいも悪いもリモコン次第」というやつがあったのを思い出した。

ハイレゾ音源2014年07月14日 21:21

 ハイレゾ音源、音楽好きでオーディオ好きなら興味をそそられる。

 現在、オーディオに入れ込むほどの経済的余裕がない私だが、ご多分に漏れず、体験したくてしょうがない。しかし、オーディオ業界は地方ではすでに完全に壊滅。どうしたものかと思っていた。

 日本の某有名オーディオメーカー(アルファベット大文字4文字の、あの会社)の製品に触れると、確実に動作不良を誘発するという特異体質の持ち主なので、SACDにも手を出さず、安価なMarantz製のCDプレーヤの同軸デジタルアウトから取り出したデジタルデータを、懐かしのPioneerのDAT、D-HS5に入力、DACモードでレガートリンクコンバージョンSを経由して、ハイレゾもどきでメインシステムで聞いている。

 最近、PCがクラッシュしたため、ディスプレイも含めて新調したおり、PioneerのBDプレーヤを安価に購入し、ディスプレイに接続してBDも鑑賞できるようにした。PCもオーディオはサブシステムを別に立てていたが、このBDプレーヤ、CDもなかなかいい音だった。自作DACが完敗するほど。

 驚いて色々と調べると、なんのことはない。内部でハイレゾ変換をやっていたようだ。おまけに、192kHz/24bitのwavをUSBで取り込んで直接再生も可能…ハイレゾ対応機だったわけだ。

 音源はどうする…と考えた時、ふと思いついたのがAudacity。さっそくCDをリッピングし、Audacityで読み込み、右下の「プロジェクトのサンプリング周波数」のプルダウンを見ると…192000もあれば、384000まである!192000を選択し、「ファイル」メニューから「書き出し」を選択、ファイルの書き出しペインの右下「wav(microsoft 16bit)」云々をプルダウンで「その他の非圧縮ファイル」に変更、さらに下にある「オプション」をクリックして、エンコーディングのプルダウンで「Signed 24bit PCM」を選択、曲名を指定して「保存」。

 あっけなく192kHz/24bitのハイレゾ音源の出来上がり。あとはUSBメモリにでき上がった音源をコピーして、BDプレーヤへ。もちろん同一曲の44.1kHz/16bit版もコピーして比較試聴。

 音像が締まって、見通しが良くなる。全体的に静謐なイメージが出る。ハイサンプリング特有の低域の締りと定位の向上。クリアさが向上。レガートリンク経由の音像と共通の傾向があるが、こちらのほうがよりクリアかもしれない。

 調子に乗って数枚の音源をハイレゾ化。384kHz/32bitも作成してみたが、これを再生できるのは我が家ではaudacityのみ…しばらくは192kHz/24bitで我慢するか…

The Year's best science fiction2014年07月15日 22:10

 毎年、The year's best science fictionを購入し、600ページ以上ある大部の洋書を1年かけて読むことにしている。

 1年でわずか数十ページしか読めない年もあるが、昨年のように、半年程度で快調に読める年もある。

 昨年からはKindle版も出るようになったので、圧倒されるボリュームの紙の本と違って、手軽に持ち運んで読めるようになった。そしてなにより安い。

 今年はthirty-first annual collectionだ。contentsを見ると、有名どころではNancy KressやPaul J. McAuley、Greg EganやAlastair Reynolds、などか。Paolo GacigalupiやChina Miévilleの名前がないのが少々寂しい気もする。

某教育関係企業の問題2014年07月16日 21:15

 通信教育の顧客情報が大量に流出した事件について考えたこと。

 顧客情報を取り扱っていた外部企業の派遣社員が数度にわたり、違法に顧客データをダウンロードして名簿業者に売り渡していたとのこと。

 顧客データは重要な個人情報であって、その取り扱いには厳重な注意が必要だと思う。

 そんなデータを扱う会社が、データにアクセスする権限を「派遣社員」に渡している。

 そんな重要な業務を、なぜ「正社員」が行わないのだろうか。

 派遣社員と正社員、社会通念上、どちらのほうが責任能力が高いと認識されるだろうか。

 人件費削減? 人手不足? 

 身の丈に合わない仕事ほど、無責任な仕事になりがちなのは、どんな仕事でも同じだと思う。

 以上。素朴な疑問。

The year's best science fiction(2)2014年07月17日 22:36

 The year's best science fictionを少しずつ読み始める。
 まずは冒頭の昨年度出版概況から。

 電子書籍の出現によって紙の書籍は絶滅に追い込まれるだろう。というのがかつての風潮だった。
 しかし、現実には、電子書籍を購入する人の大半が紙の書籍を購入しており、同一書籍の電子版と紙媒体版を同時に所持する人が多数派であった。
 電子版のみで読書をする人の数は、電子書籍の流通量の上昇に比べ、無視できるほどの少数派に過ぎない。

 このような記載があった。要するに、アメリカでは、本好きは紙媒体と電子書籍をどちらも購入し、TPOに合わせて自由に使い分けているらしい。

 これを、出版社のボッタクリと取るか、読書の機会を増やす豊かさと取るかは微妙だが、いずれにせよ本好きは、どちらかがどちらかを駆逐してしまうという業界の予測に反して、機会を増やす「豊かさ」を選択したようだ。

 本を読むのはやはり楽しいからだろう。その意味で読書は「道楽」であり、「遊び」である。そして、生活の中に「遊び」があることこそが「豊かさ」なのだろう。

 いつの世も、どの世界でも、しみったれた「遊び」は野暮だということではなかろうか。

 電子書籍のバッテリーが切れたので、おもむろに紙媒体版を取り出して読み始める…風狂の趣も感じなくはない光景だ。Kindleのバッテリーが上がったので、鞄からポケット版銀背のハヤカワ新SFシリーズを取り出して読む…かっこいいかも。