「劇場版 PSYCHO-PASS」鑑賞2015年02月01日 06:28

「 劇場版 PSYCHO-PASS」を鑑賞。

公開3週目、夕刻の上映にも関わらず、満席の可能性があるとチケットブースで告げられる。たしかに観客は多かった。ヒットしていることは間違いがなさそうだ。

TV第1期が直接のストーリーラインとしてつながっているので、第1期のストーリーがわかっていればより入り込みやすいだろう。

狡噛は本領発揮といったところ。彼が憎むのは、自己を拡大し、他者を容認せず、他者のすべてを奪い去る「権力」そのものだろう。したがって彼の行動は常に「自由」の希求となり、「反体制」の側に立たざるを得ない。「自由」の希求は対価として「孤独」を余儀なくされるが、狡噛の場合、それを受容する覚悟のようなものがあり、また、「自由」を希求できる強さのない弱者に対しての強い慈愛がある。彼にとって「弱者」は「クズヤロー」なのだが、それでもその中に「愛すべきクズヤロー」の存在を認め、それを守るためにはすべてを捨ててしまう。第1期でシビュラシステムの擁護の立場に立ったのも、シビュラシステムの特性として、弱者の救済が成立し得たからであり、シビュラが弱者を救済し得ない矛盾を露呈した時、彼は自分の社会の中での存在を捨てる。非常にストイックなキャラクターであり、ある意味正統派のヒーローのような気がする。そういうヒーローを量産したのは石ノ森章太郎(但し原作に限る)だ。そう言えば声優を務めた関智一は「人造人間キカイダー the Animation」ではジロー=キカイダーを演じていた。一方、狡噛の宿敵、槇島を演じたのは櫻井孝宏、3代目の島村ジョー=009。

一方の常守は、すっかりタフに。もともとセクシュアリティが希薄でユニセックス、イノセントな風貌だったので、シャワーシーンなどのサービスカットもあるが、性的な符号は希薄。狡噛とは本質的に強い類似性を持っているが、彼よりもさらにイノセントで、それ故のミスも多い。弱者の側に立ち、矛盾と危険に満ちたシビュラシステムを批判しながらも受容する、清濁併せ呑む存在。イノセントな状態からダークサイドを受容しつつ弱者を守るという点で、狡噛とは理解し合いながら、共闘し、また別れもする。この2人は「和して同ぜず」といったところ。いい相棒となった。イノセント状態からダークサイドを受容し、常に悩みながら生きていくという設定は、まさに「ジロー=キカイダー」そのものであり、ここにも声優キャスティングとの暗合(もしかして意図的か?)を感じる。

ノイタミナの劇場作品第1作として、十分なクオリティを持っている。もちろん、この後に続く伊藤計劃の「虐殺器官」「ハーモニー」そして「屍者の帝国」3作は、この作品と伍するか、それ以上のものを求められることになるだろう。高いハードルとなったが、それを越すだけの作品を生み出せるという制作側の自信の現れなのだろうか?伊藤計劃作品のアニメ化(実写化はいまの日本の芸能界の状況ではまず絶望的)というリスキーな企画を発表した時点で、覚悟は座っているのだろう。

「グランド・ホテル」鑑賞2015年02月03日 23:37

「グランド・ホテル」を鑑賞。

1932年のアメリカ映画だが、舞台はドイツの一流ホテル。こういう上流階級や貴族が闊歩する世界は、当時のアメリカでは難しかったのかも知れない。言ってしまえばまだまだ成金国家のアメリカなのだから。

帝政ロシア時代の栄光が忘れられない落ち目のバレリーナ、身を持ち崩した男爵、経営難に陥り、合併交渉も不調な社長、日銭を稼ぐために必死なタイピスト、そして、余命幾ばくもないと宣告されたヨレヨレの貧相な会計係。彼らがグランド・ホテルで出会い、別れていく。悲劇あり、喜劇あり、欲望あり、誠実さあり。

後に「グランド・ホテルスタイル」と名を残す群像劇のお手本。現代人の目から見れば、いろいろと突っ込みたくなるところもあるが、それは野暮というものだろう。記号的な部分は記号として受け入れるのは、古い映画を見るときのお約束。そんな枝葉末節にこだわらなければ、見事な作品と言える。

ホテルを出て行く人々のこれからに、ラストにホテルにやってくる人々のことに、思いを馳せてしまう。いい余韻の残る作品だ。

一太郎/ATOK2015年02月07日 23:48

 縦書きで日本語を扱う場合や、こちらの自由度を高めた日本語入力が必要な場合、一太郎にかなうワープロアプリはないと思う。
 wordはタイプライターのアナロジーなので、勝手に段落を判断しては行間をいじってみたり、余白と段組や字数を責め込みづらかったりと、小さな親切大きなお世話といったところがあるが、最大の欠点は、罫線という概念が本質的にない点だ。wordは表を挿入するという概念で罫線を扱うので、思うところに思い通りにランダムに罫線を引いて枠を作るというわけにはいかない。
 一太郎は手書きアナロジーなので、罫線ノートに手書きの感覚での入力がしやすい。これは大きな強みだ。

 但し、残念ながら、日本語を常時使用する人間の数は世界人口の中の極々少数であり、さらに、一太郎の機能が必要不可欠な日本語入力を求めている人数はさらに少数。資本主義世界では、無視できるほどの存在でしかない。オフィスでの書類程度に求められる日本語レベルなど、ボキャブラリーを除けば小学校レベルで十分であって、その程度ならwordで対応できる(オフィス書類の日本語表記も、よく見ると小学校レベルの記載ルールを逸脱している点が多い。文頭がすべて面一な文章などを見ると、がっかりするが、それがおかしいということに気づく社会人は実はかなり少ない)。

 MS-IMEの変換能力の低さは一時ほどひどくはないものの、無視できるほどのものとは言いづらいので、ATOKは一太郎よりもいくらか普及度が高いようだ。こちらには方言変換能力と文語変換能力があるので、日本語をディープに扱う場合は不可欠なIMEと言えるだろう。しかし有料なので、Windowsに同梱される(見かけ上無料の)MS-IMEを放棄してまで購入する一般ユーザは少数派だし、MS-IMEの変換能力しか知らないユーザにとっては、当然ATOKとMS-IMEとの差はわからない。

 私はwindowsを信用できない(アップデートの度に再起動を要求されるのがうっとおしい、アップデートすると不安定状態、最悪の場合は起動不能になったりする、使っているうちに不安定になる自滅要素、起動サウンドがどうも人をバカにしているような気がして気に入らない…もちろん最後の理由は冗談だが)ので、プライベートではLinuxを使っている(Macもハードウェアやアプリケーションの自由度の低さ、拘束性の強さゆえ信用していない)。現在使っているUbuntuではATOKは相性が良くない。もちろん一太郎もWineでは現行バージョンは使えない。一太郎forLinuxもすでに古くなって対応しない。そして、職場から一太郎とATOKは追放されていく。Windowsと抱き合わせのMS-IMEとwordがあるのに、さらに予算をつぎ込んで類似機能の一太郎とATOKを購入するのは経理上不合理だと言われれば、不要なコストをカットするという視点では、反論の余地はない。現に一般の職場ではMS-IMEとword程度の日本語処理能力で十分な日本語しか求められていないというのは前述のとおり。

 UbuntuのLibreofficeでwriterを使うのはwordを使う以上に縦書き時には不自由だ。結局Mozcでエディタにテキストを横書きでベタ入力をしたあと、しぶしぶPCを再起動してWindowsをブートしなおし、一太郎を起動してテキストを読み込み、書式設定で縦書に置き換えて編集している。一太郎を利用する以外、Windowsなど使うことなどプライベートでは皆無だ(このブログもUbuntu-Firefox-Mozcで作成している。そして、この程度の文章ならMozcでもなんとか対応できる。だが、ATOKが使えないストレスは無視できない)。文語や会話体が多い文章を処理する場合は、最初から諦めてWindows-一太郎-ATOK環境にせざるを得ない(そしてWindowsの再起動責めにイライラする)。

 オープンソースに日本人が携わる数は非常に少ない。日本語は世界的には少数言語であり、このままでは日本語にきちんと対応するPC環境は貧弱化の一途だろう(現にMicrosoftのIME開発は日本ではなく中国に移管されているという話だ)。

 一太郎がwineに対応できる可能性はあるはずだ(一太郎 for Linuxの正体がチューンしたwineに載せたWindows版一太郎だったことは周知の事実)。ATOKの方言・文語変換も失われていい機能ではない。だが、資本主義の世界で営利活動をする以上、現状ではWindows環境でしか動かない一太郎と、先細りのATOKは生き残ることが難しいだろう。そして、多くの日本人は、タイプライターアナロジーで横書きの日本語を、他国で開発した日本語IMEで叩き出し、日本語もそれに応じたものに変化していってしまう。横組み出版されているケータイ小説のように。

 どこかで両アプリケーションをオープンソース化しなければならないのではないかと思う。収益モデルをどう構築するのかは難しいが、UbuntuやRedhatなどを考えれば、不可能ではないとも思う。もはや一太郎とATOKは商品ではなく、日本語を電子化するための文化資産として、価値体型を変換すべき時期に来ているのではないだろうか。生き残りのためには、Windowsのみに依存するのではなく、どのようなPC環境であっても使用できる、オープンな存在にしてもらいたいと思う。

 もっとも、ここまでの議論はあくまで現在の一太郎・ATOKがサポートしている日本語作成環境が保持されるべきであるという考えが前提である。wordとMS-IME(現時点でのMozcも同様)がサポートする日本語作成環境に今後日本語作成の実態が移行することを、日本語が容認する形で変化していくというのであれば、これまでの話はただの懐古主義(現代において旧仮名遣い・旧漢字を頑なに使い続けるのと同じ)に過ぎない。

アバド・アルゲリッチのモーツァルト2015年02月15日 16:02

 2013年3月、クラウディオ・アバドとマルタ・アルゲリッチが競演したモーツァルトのピアノコンチェルト、25番と20番(最近はK.503とK.466の方がよく使われるようだが、正直こちらの呼び方はまだ慣れない)。ルツェルン音楽祭でのライヴであり、アバドの死去によて、この2人の最後の競演記録ということになった。

 すっかり痩せて、往年の若々しい面影こそないものの、穏やかで芯の通った雰囲気のアバド、すっかり白髪も目立つようになったアルゲリッチ。息の合った2人の演奏は、そんな外見の変化など関係なく、あるときはゆったりと、あるときは機敏なオーケストラと、さっそうと切り込むアルゲリッチのピアノとの掛け合いとなる。決して攻撃的になるわけではない。互いの音楽を互いに受け入れながら、モーツァルトの音楽が浮かび上がってくる。

 その道に邁進してきた人間の人生の終わりには、何か不思議な力が降りてくるのだろうか。晩年のアバドの演奏にはそうした感じが強くする。最晩年にブルックナーの素晴らしい交響曲録音を残したティントナーや、ギュンター・ヴァントたちもやはりそうだった。

 CDのフロントジャケットはルツェルンの2人の画像、リアジャケットはまだ若い2人の画像。これもまた印象ぶかい。

ロト指揮レ・シエクル演奏 ストラヴィンスキー「春の祭典」2015年02月16日 22:48

 フランソワ・グザヴィエ・ロト指揮、レ・シエクル演奏のストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」を聴く。

 どちらも初演時のバージョンを、初演当時の古いスタイルの楽器で演奏したもの。「春の祭典」は現代オーケストラによって、改定された版で演奏されることが多い曲だ。変拍子や複雑でバーバリズムにあふれたリズムが特徴で、通常はフルオーケストラの質量感溢れるパワーで押し切る場合が多い。しかしそれは逆に言えばビートの鋭さやスピード感を削ぐことにもつながる。

 この演奏は、初演当時の楽器と編成で演奏されており、普段聞き慣れたこの曲とは違って、リズムを質量で押し切るのではなく、切れ味するどくシャープに刻んでくる。鈍重ではなく軽快に、軽やかで鋭い。

 考えてみれば「春の祭典」はバレエ音楽である。フルオーケストラのマスで押す、ややもすれば鈍重なビートでは、バーバリズムに溢れる野性的な踊りにはなりにくいだろう。この演奏のようなタイトでシャープなリズムでこそ、シャープでしなやかな踊りが生み出されてくるのではないだろうか。それが後年になって、演奏会の演目として取り扱われるようになって、現在のような形に改定され、変化していったのだろう。

 「ペトルーシュカ」も同様のアプローチで、マスを減じた分、普段は隠れるピアノが浮き出し、新鮮な印象だ。

 話題のCDだが、さすがにそれだけのことはあると納得の一枚だ。