ブルッフのヴァイオリン協奏曲2015年07月04日 16:44

 マズア指揮・ゲヴァントハウス管弦楽団・ヴァイオリン独奏アッカルドで、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番、第2番とスコットランド幻想曲を聴く。

 録音は1977年、今はなきフィリップスレーベル。

 ヴァイオリン協奏曲第1番は、半音階を多用したかなりロマンティックな曲。叙情性豊かでメロディも親しみやすく、オーケストラも申し分ない。ヴァイオリンも悪くないが、時折かすれ気味の音が聞こえてくるのが惜しいか。ハイフェッツのような太い音ではなく、どちらかといえば細身のヴァイオリンだ。

 スコットランド幻想曲は、重厚なオケがいい。ドラマティックな演奏だが、ケレン味はない。正攻法で、ゆったりとした気分で聴くことができる。

 ヴァイオリン協奏曲第2番もやはり重厚。第1番のようなロマンティックな感じではなく、どっしり、ゆったり。ゲヴァントハウスの渋目の音がよく合っている。ヴァイオリンはやはり細身で、ややもするとオケとの色合いの違いが目立つこともあり、やはりかすれ気味の箇所もある。だからといって演奏に大きなマイナスがあるわけではない。

 至極まっとうな演奏で、全曲直球勝負。ゆったりした気分で、リラックスして聴くことができた。このレーベルは現在解散してしまっており、デッカレーベルに変更となった。その際、かなりの録音が廃盤となっている。随時再発売は行われているが、残念な限り。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2015/07/04/7699117/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。