災害は…2018年09月11日 23:38

 台風・地震と、今年も災害に見舞われている日本。

 「災害は忘れたころにやってくる」という諺がすでに死語と化してしまうほど、近年の災害頻度は高いように感じる。

 そんなとき、よく聞くのが高齢者の方の述懐。「こんなひどいことは今までなかった。」「これまでの長い人生で、これほどひどい災害は見たことも聞いたこともない。」たしかに印象強い言葉だ。

 だが、地球の地殻変動の周期は100年と言われる。とすれば、この世のほとんどすべての人間が、「いままで体験したことのない災害」にぶち当たってしまう確率は高い。「こんなひどいこと」が「はじめて」なのは、その意味では当たり前のことだ。

 だからこそ、他の土地の災害を他山の石として、災害について学び、考えなければならないだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2018/09/11/8959194/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。