「アメリ」を観る2021年04月03日 17:26

 「アメリ」を観る。これもなかなか縁がなかった作品。

 フランス映画らしいといえばたしかに、なんともあっけらかんとしたコメディだ。お色気もシーンもあるが、ここまでドライに扱われると健全に見えてしまうから不思議だ。

 リアルに描けば、毒親によって歪められた女性の物語であり、ドロドロの世界が展開しそうだし、日本ならまずその方向に進むだろう。ところがそんな「リアル」はどこ吹く風、ヒロインの「アメリ」はあっけらかんとしたものだ。時には犯罪の域にも達するいたずらまでして、周囲の人の幸せにし、悪いやつを懲らしめる。これは「禁じられた遊び」の系譜か。

 そんなアメリも、自分については奥手。自分の恋や相手への向き合い方がわからない(そういう育てられ方をしている)。そんな時、周囲の暖かいサポートがあり、全ては良い方向へ…

 他愛のない現代版大人のコメディファンタジーだが、それが必要なのが現代。一発芸しか能のないどこかの国のコメディとは格が違う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2021/04/03/9363541/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。