アンプ故障?2022年01月15日 14:12

 PCやデスクトップ上でVolumioから音楽を再生するシステムの左チャンネルが今朝から突然沈黙。

 ん十年選手のKENWOODの安価なパワーアンプ、A-M70を片チャンネルだけ使って、モノラル運用の2台でステレオ再生にしている。そろそろ入力セレクタが接触不良を起こしたりし始めているので、ついに寿命かと諦めかけたが、左チャンネルのボリュームを最大にするとホワイトノイズが聞こえる(ここが安価なアンプたる所以)。アンプは死んでいない?

 接続を左右入れ替えると、左チャンネルから右チャンネルの音が…アンプは無実!

 前段の自作セレクタ+パッシブコントローラーの、ボリュームにしているロータリースイッチを最近使っていない(再生ボリュームがほぼ一定)ため、ここでの接点回復ができていなかったので、左チャンネルに接触不良が発生していたことが判明。キリキリとボリュームのロータリースイッチを数回まわすと…ちゃんと復活。

 まだまだ現役で頑張ってくれそうなA-M70である。小型で安価、二台使いで物理的に左右チャンネルのセパレーションは優秀。デスクトップに大音量は求めないので、ノイズが気になる領域に踏み込むこともない。こういう裏技的用法で重宝するいいアンプを、地味に作っていた時代もあったのだと、感慨しきり。

 今、Technics SB-M01をA-M70で駆動しながら、VolumioのRadio Paradiseプラグインでflac配信を聞いている。今の所順調。