pico audioで失態!2022年01月28日 21:10

 Raspberry pi picoにpico audioを組み合わせたUSB-DACをもう一台作ることになった。コンパイルしたプログラムはRaspberry Piの中に残っているので、ピンヘッダをはんだ付けすれば何ということはなく完成するはず。

 ところが、ピンヘッダをちゃんとはんだ付けして、プログラムもインストールし、PCはUSB-DACとして承認し、音声もきちんと送信されているのに、pico audioから音が出ない。

 しばらく悩んでから、ふと気づく。picoのピンヘッダを裏表逆にはんだ付けしている…これでは正しいピン配列でpico audioと接続できるはずがない。

 予備のRaspberry pi picoに正しく予備のピンヘッダをはんだ付けしたら、今度は一発でpico audioから音声が出力された。

 ピンヘッダ逆付のpico、はんだ付けを外してつけ直してもいいが、むしろこれはこのまま、上からジャンパー線を挿して実験用にするのもいいか。いずれにせよ、恥ずかしい失態!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2022/01/28/9459613/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。