孤立する怖さ2022年03月03日 22:42

 ロシアに対する非難は、予想を上回る大きさとなっている。国連でも歴史的な大差と言っていいほどの差でロシアは非難され、孤立している。

 ロシア軍の捕虜の話によると、かなりロシアに都合のいい情報を与えられていたらしい。聞くと見るとでは大違い、それでは最前線の兵士の士気にもかかわる。

 孤立状態のロシアは、それでも戦争をやめない。一度始まってしまった戦争は簡単には停められない。なぜなら、自国や自国の政治そのものも痛めつけるからだ。その分の見返りがなければ、今度は自分が危険な目に逢う。戦争はする側もされる側も地獄だ。

 孤立したまま耳をふさぎ、目を閉じ、自国の(周りからは否定されている)理屈以外は離さない。三猿なら「言わざる」だが、そうではないから困る。

 人間ならかなり危険な状態だ。そんなふうになった国家、そんなふうな国家に仕向けた連中が、自分の病んでいる状況を受け入れるのはいつのことか。何人犠牲を出せば気づくのか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2022/03/03/9469166/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。