昔のものごとは…2022年03月10日 21:51

 昔のものごとは…全部間違いだ。

 そう思っていたほうがいいのではないかと最近思うようになった。

 間違っていない昔のものごとは、今でも現役であって、昔のものごとではない。今現在のものごとだ。今現在「昔」になっているものは、どこか今の時代では機能しないエラーを持っている。それを「よかった」と懐かしむのは、実は現在にアップデートできず、間違ったままであぐらをかきたい連中のたわごとではないか。

 世界が大きく、それも早く変わっていくこの時代には、それぐらいの厳しさがないと対応できないのではないだろうか。

 そんなことを言うと、「じゃあ、今のものがすべていいというのか」と逆ねじを食わせる人もいるだろう。だが、残念ながらそのとおりだ。そして、「今」は必ず「昔」に変わる。「今」良かったものも「明日」には間違いに変わってしまう。

 確かなものとは、寄りかかってあぐらをかくためのよりどころ。そんなものなど、これまであったはずはない。自然界を見ればわかる。気象が「異常」なのではない。「正常」な自然など、人間の勝手な想像が作ったものだ。たかだか100年程度のデータとせいぜい50〜60年程度の人間の直接体験記憶で自然の「正常」など、測れるはずもない。

 伝統も常に「今」を取り入れるから成立している。狂言は「シン・ゴジラ」の動きを産み、歌舞伎は「ワンピース」を演目に入れる。茶道も死に水取りから行儀作法にそのスタンスを変えた。

 いつまでも変わらないのは、田舎のオヤジ政治家か?昨今の報道で取り上げられる彼らの所業や発言は、ただただ「ぶざま」の一言に尽きる。わがままを自由と履き違え、男尊女卑が染み付いて、自分が骨の髄までそれに犯されていることすら気づかない。

 いや、田舎に限定するのは間違いだ。かつての国家元首にもそういう御仁がいたっけ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2022/03/10/9471407/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。