リモート環境2022年04月07日 23:56

 リモートワークだ、在宅勤務だと、COVID-19以来世の中は喧しい。

 そんな中、職場で100名程度を対象にZOOMで説明会をすることに。対象は一般の方。

 世の中がリモート化しているし、学校もリモート授業やオンライン授業をしているのだから、大きな問題はないだろうと考えたのが間違いのもと。

 まず問い合わせの電話の嵐。どうすればいいのか、何が必要なのかといった基礎的な質問多数。

 いざミーティングを始めると、説明中にぞろぞろと遅刻参加。入ってきた方を締め出すわけにもいかず、かといって随時参加許可を出すと説明が間延びする。中には通信環境がかんばしくなく、入室を繰り返す人も。

 音声カットを忘れたまま参加し続ける(そして気づかない)方も多数。

 思ったよりもリモート環境のリテラシーは定着はおろか、広がってもいないことを痛感。いっそ動画を作成して配信したほうが良かったかと反省。

無意味なもの2022年04月09日 22:18

 この世に無意味なものほどレアなものはないだろう。

 その時無意味に思えていたものでも、時流が変わり、世の中が変われば突然意味を持ち始めることも多い。どんなものでも無意味と決めつけるのは早計だと考えたほうがいいだろう。

 短い人生、お迎えがくるまで意味が見つけきれないものもあるだろうし、どんなに頑張っても意味を見つけ出す知力を身につけられないことだってある。だからこそ無意味という判定は常に留保しておくべきだろう。

 この世で心底無意味だと思えるレアな存在の筆頭は戦争だろう。どんなに理屈をこねたところで、戦場で行われているのは破壊と殺戮と略奪と陵辱以外にない。ロシアの件でこの嫌な考えは現実となってしまった。

 戦争はろくでもないことしか産まない。それを知るという意味があるというのなら、これほど重く、辛い意味を持つものも他にない。

動画編集2022年04月11日 23:17

 仕事で動画編集をすることに。大昔、ビデオ録画をダビング編集していた経験はあるが、しばらく遠ざかっていたので、PCでのリニア編集は実ははじめて。まあ、音声編集はしたことがあるから、それに画像がくっついてくるだけかと甘く考えて取り掛かる。

 と、普通ならここで「それは甘かった」と来るはずだが、実際には若干の癖があることをクリアすれば、まさに音声編集のやり方の延長線上でできてしまった。

 昔、脇目で見ていたときにはかなり複雑で、PCのスペックも選ぶ作業だったので、少々腰が引けていたが(それに、Linuxでは動画編集環境の充実は遅かった)、これなら何ということはない。便利になったとつくづく思う。長い時間をかけて、ダビング劣化とレインポーノイズに悩まされた時代は遠くなったと実感。

回転焼き2022年04月12日 23:45

 最近、ふと思い立って、家族の手土産に近くの回転焼きを買いに行った。ずいぶん前からやっている店で、時折無性に食べたくなると買いに行く店。

 大きい店ではなく、駐車場もない。時々路駐で買いに行く客がいるが、それで道が渋滞するわけでもない。そういうどちらかと言うとのどかな店。

 ところが、今度はそうはいかなかった。いつもは焼いてあるストックを出してくれることが多かったのだが、その日はフル回転で製造中、客も何人も並んで待っている。

 評判は良い(から、長く営業できている)店だが、どうしてこんなに急に客が増えたのか。そういえば路駐の客も以前より増えているようだ。

 そこでふと思いついたのが、先週までやっていた朝の連ドラ。得心がいった。ブームに振り回されず(儲けてもらうのはいっこう構わないが)、潮が引くように客足が落ち着いても、頑張って営業して欲しい。

 もちろん、味は今回も文句なし。

4月は…2022年04月14日 21:39

 1月は「行く」、2月は「逃げる」、3月は「去る」とは、よく言う言い方だ。

 4月はどうだろう。

 個人的には…4月は「死にそう!」である。
 年度初めで、人事異動も新人登場も多いので、人間関係や仕事の引き継ぎにも気を使う。新規業務も始まるし、気を使う上に仕事はハード。なので思わず口をついて出る言葉が「もう死にそう!」

 お粗末。