「反撥」を観る2022年08月01日 21:06

 「反撥」を観る。1965年のイギリス映画。

 監督はロマン・ポランスキー。主演はカトリーヌ・ドヌーブ。この組み合わせで不穏な映画でないと考えるほうが不自然。ドヌーブは当時まだ20台前半、とにかくきれいだが、その分どこかアヤしい。彼女が演じるキャロルは妙に潔癖症で、おまけにどちらかと言うとトロい。いつもぼおっとしていて、仕事も上の空。彼氏もいるようだが、どこかよそよそしい。キスされると彼氏を突き放してまっすぐ自宅の洗面台に駆け込んで唇を拭うほど。

 ここまで来ると、ただの潔癖症ではないことがわかる。性嫌悪だ。

 彼氏の悪友共も、現在からすればとんでもない女性蔑視のセクハラ発言を彼氏に投げかける。美人のキャロルを取り巻く性的社会環境の劣悪さも伝わってくる。彼氏が悪友にブチ切れるのも当然と言えば当然。それぐらい彼氏は真面目男だが、キャロルをきちんと受けとめることはできない。そこは残念ながら、やはり男性天国の社会の男である。

 キャロルが同居しているのは姉。二人暮らしだが、姉はしっかり所帯持ちの男を連れ込んでいる。安アパートなので、夜は当然…キャロルの嫌悪は高まるばかり。姉がなぜそんな相手と…と考えると、これも伏線かもしれないが。そんななか、姉と姉の相手がイタリア旅行に出ていく。キャロルは一人アパートで暮らすことになる。そして、キャロルは次第に壊れていく…

 ドヌーブは「昼顔」でも性的な要因で常軌を逸していく女性を演じているが、こちらはあの作品とは正反対の方向での壊れっぷりだ。当時の制作コードでぼかされているのだが、端々にキャロルの性倒錯の痕跡が見て取れる。

 ラストシーン、キャロルの子供の頃のブリュッセルでの家族写真。影がかかって全体は見えない。見えるのは子供時代の怒りの形相のキャロルと、その視線の先にある、影の間から見える、おそらく父親の顔。当時のコードからすればギリギリなのだろうが、明らかにキャロルがなぜこうなったかを暗示している。

 ポランスキーの悪名が頭をよぎる。