「アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風」を読む2022年08月06日 17:45

 「アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風」を読む。神林長平の「雪風」シリーズもこれで4作目。5作目も現在連載中。

 本当に長いシリーズになった。シルフ時代の雪風の終焉で終止符を打った第一作から、思弁性、言語と世界認識といった神林作品の主流へとの接近と、次第に難解度も増して、前作「アンブロークンアロー」では一気にハードな理論合戦(というより、認識合戦というべきか)となっている。

 正体不明の異星知性体、ジャムの侵攻が、地球人ロンバートのジャム側への裏切りと全面宣戦布告で新たな局面を迎える前作、超空間で地球とつながったジャムの本拠らしきフェアリイ星でジャムと最前線で戦うフェアリイ空軍への大打撃、そして南極海上でのジャーナリスト、リン・ジャクソンと主人公深井零との印象的な出会い。AI知性体としての「雪風」との腹の探り合いも続く。

 しかし今作はどちらかと言うと、大打撃を受けたフェアリイ空軍の立て直しと戦略変更がメインとなる。零と主治医のエディスとの、なんとなくほのぼのとする、見ようによってはバカップルのような会話、零と相棒となる桂木とのちょっととぼけたようでいながら、鋭い直感力を持つ言動がいいバランスでストーリーをすすめていく。

 新キャラクターも登場するが、日本のアグレッサー機、飛燕と共にフェアリイに来た伊歩も印象的だ。フェアリイ空軍に来るパイロットはみな一癖ある、ソシオパス系のキャラクターだが、彼女もそんな一人。だが、ラストでは意外とキュートな一面も見せて魅力的だ。

 そして、やはり「雪風」。何を考えているかわからないといいながら、一番ジャムとの戦いに「燃えて」いるのは雪風だろう。クーリィの「雪風はやる気だ」という一言はいいえて妙だ。本作ラストでの登場の仕方がまたいい(そして、そんな雪風の動きをとっさに察して行動する桂木も、コミックリリーフ的な登場とは言え、切れ者にはちがいない)。

 単なる「戦闘」ではなく、政治力も求められるようになった、新たなジャム戦。物語も思弁を重ね、さらに進んでいく。楽しみだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://crowfield.asablo.jp/blog/2022/08/06/9515548/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。