「黒いオルフェ」を観る2022年08月09日 23:37

 「黒いオルフェ」を観る。1959年のフランス・ブラジル・イタリア合作映画。マルセル・カミュ監督作品。

 アントニオ・カルロス・ジョビンのあまりに有名なテーマソングでよく知られているが、なかなかご縁がなかった作品。ギリシャ神話「オルフェオとエウリディーチェ」の話を下敷きに(「古事記」だとイザナギの黄泉下りの話)したストーリー。

 冒頭、妙に怯える様子のヒロイン、ユリディス。そんな彼女が市電の運転手でギターとサンバの名手、オルフェと出会う。オルフェにはミラという彼女がおり、婚姻届を出しにいくのだが、独占欲と気位の高いミラにオルフェは少々うんざりしている様子。ユリディスとオルフェの出会いはカーニバルの前日。夜はカーニバルの練習となる。

 カーニバルのために貧しいオルフェオたちはなけなしの金をつぎ込む。すでに祭りの熱気で理性はかなり飛んでいる。ユリディスを怯えさせていた謎の男が現れ、ユリディスのいのちを狙う。オルフェはユリディスを助け、紳士的に一夜を過ごそうとする。しかし、宿命的に惹かれ合う二人は結局夜を共にすることになる。

 なんといっても圧巻なのはカーニバル。サンバのステップの凄さ、踊りの凄さに圧倒される。熱狂と混乱の後、カーニバルが終わった朝には、彼らには重く辛い現実が待ち構えている。

 オルフェも登場したときはただのチャラい男と言ったふうだが、質から受けだしたギターを引き始めると顔つきが変わり、サンバの衣装を身につけると冒頭とは別人のようだ。そんな彼がラスト、現実に帰るシーンはどこか寒々としている。まさに「祭りのあと」だ。

 ストーリーはなんといっても神話なので、深く突っ込むのは野暮というもの。ここではカーニバルの熱気に当てられるのがいいのではないか。