「クララとお日さま」読了2022年01月18日 21:19

 カズオ・イシグロの「クララとお日さま」を読了。

 というより、ずっと前に読了していたのだが、記録するのを忘れていた。

 クララは子供の友達として作られた、一世代前の型落ちアンドロイドの少女。アンドロイドにはそれぞれ個性があり、AIの学習能力でそれはさらに分化されていくようだ。クララはデフォルトで他の個体より周囲や人間を観察する機能に優れている。

 そんなクララを気に入り、買い取ったのは病弱な少女。クララは販売店で、ショーウィンドウから町や人々を観察し、買い取られてからは少女の家でそれまで知ることのない家族や人々の哀しみや苦しみ、醜さや社会の歪みに直面していく。

 そんなクララの動力源は太陽電池らしい。自分の活動の糧を与えてくれる「お日さま」は、クララにとって絶対の存在、いうなれば彼女の「神」のようなものだった。

 画像処理の速度が重いクララは、データベースのない未知の世界では視界がピクセル化してしまうようで、詠む側のこちらもピクセル化した漠然とした世界が自然と安定した像を結ぶのを追体験しながら、クララの世界認識を把握していく。その未熟さも、斬新さも。

 クララにはあの「アシモフ・コード」がインストールされているのだろうか。彼女は決して人間を恨まない。憎まない。妬まない。

 だが、彼女の友達は確実に大人になる。いつしかクララは(もともとか…子供サイズなのだ)小さくなり、別れを告げなければならなくなる。クリストファー・ロビンがくまのプーさんと別れるように。買い取られた家族の誰もから愛されたクララに対して、家族が望むことができるのは「安らかに引退させてあげたい」ことだけになる。

 ラストシーンの、なんと美しく、寂しいことだろう。クララの「日の名残り」は、カズオ・イシグロの作品群とたしかに通底しているように思える。

 クララは、キカイダー・ジローを想起させる。切なく、寂しい。

「蜜のあわれ」読了2022年01月17日 20:48

 室生犀星「蜜のあわれ」を読了。

 作者を思わせる老境に差しかかった「おじさま」と、彼が飼っている3歳の金魚。ところがこの金魚が17歳ぐらいの女の子に姿を変えて「おじさま」と一緒に過ごし、出歩いたりする。

 どこかコケティッシュで、いきいきとした若々しい金魚娘は「おじさま」を翻弄し、「おじさま」もまたそんな彼女を愛おしんでいる。

 こんな二人は人生感から尾籠な下ネタまで、フランクに話し合う。それが時には艶笑ネタになって笑いを誘ったりもする。

 そんな二人のまわりを取り巻く何人かの謎の女達。彼女たちはなぜか娘が金魚が化けていることに気づいているようで…

 ラストシーンの余韻のあと、突然あとがき風のエピローグになり、この金魚娘のその後が描かれる。なんともはなかく、あわれで切ない。

 数年前に映画化されて話題となった作品。

「サイバー・ショーグン・レボリューション」読了2021年02月23日 17:41

 ピーター・トライアスのユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパンシリーズ(以下USJシリーズ)の最終巻である3巻目、「サイバー・ショーグン・レボリューション」を読了。USJシリーズの長編はこれでひとまず完結とのことだが、スピンオフ中短編を執筆する可能性はあるらしい。

 前作「メカ・サムライ・エンパイア」から25年後の2014年のUSJが舞台となる。前作の青春成長物語とは違い、1作目の「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」に近い雰囲気で、主人公の二人も30絡みの大人。主人公の一人、守川励子はテロで腕を失い、その後遺症でメカ設計技師の夢を絶たれ、特殊装備を施されたメカ「カタマリ號」を愛機として、軍内部の反乱組織「戦争の息子たち」に参加、指導者の指示で、ナチスと結託し、腐敗しきった現USJ総督多村の暗殺に向かう。暗殺計画は失敗するが、謎の暗殺者「ブラディマリー」によって暗殺は実行される。

 もうひとりの主人公、若名ビショップは1作目「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」で罠にはめられ、非業の死を遂げた若名将軍の息子。彼は「ブラディマリー」とともに参加した軍事作戦でナチスの捕虜となり、精算な拷問を生き延び、そのトラウマに苦しみながら、特高にスカウトされる。スカウトしたのは、全作に皆勤登場の特高課員、槻野昭子。管理職として若名の上司となる。

 クーデターは成功したかに見えたが、その後の激しい粛清で雲行きは怪しい。「ブラディマリー」はそんな中で公然と「戦争の息子たち」に反旗を翻し、テロを開始する。守川の同士や親友だった名メカ・パイロットたちが「ブラディマリー」の側に立ち、無差別テロを実行する。それを阻止する守川も若名も窮地に追い込まれながら、必ず犠牲者を一人助けるという「ブラディマリー」によってなぜか数度救われる。

 やがて市街でのメカ戦に。テロで基地を襲われ、同僚を失い、自らも足を負傷して自由に動けない「範子」を助けて、守川と若名もメカに乗り込み、圧倒的不利な戦いに赴いていく。そして「範子」が救援を求めたのは、大阪弁で辛辣な言葉を吐き、ソーセージをかじりながら天才的に戦う「K」。

 前作のキャラクターも呼び込みながら、物語は「ブラディマリー」の正体へと…これ以上はネタバレ。だが、随所に伏線はきちんとはられているので、注意深く読めば途中で気づく向きもあるだろう。

 新☆ハヤカワSFシリーズ版にはスピンオフの短編「ユナイテッド・ステイツ・オブ・クジラ」(そう、あの久地樂!)の一部も収録されている。舞台は少年久地樂が昭子に引き取られた時代、「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」の後、「メカ・サムライ・エンパイア」の前となる。また、この版の口絵には一枚、日の丸をあしらったバイクに乗る女性のイラストがあるが、本編にはこの場面は存在しない。GIZMODOのサイト(https://www.gizmodo.jp/2020/09/cyber-shogun-revolution.html)には、「サイバー・ショーグン・レボリューション」の校正段階でカットされた冒頭部が訳出されており、この部分の一部がイラスト化されている。この失われた部分に登場するメカ・パイロットの名前はなんと「不二本グリゼルダ大佐」。誠はグリセルダとめでたくゴールインした模様。苦労した誠にはご褒美があったわけだ。

 B級の皮を被ったA級SF三部作。終わるのは惜しいが、それも去り際か。スッキリしないラストこそ、苦いこの作品世界を象徴している。

「メカ・サムライ・エンパイア」読了2021年02月21日 14:36

 ピーター・トライアス「メカ・サムライ・エンパイア」読了。

 前作「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」の数年後が舞台となり、主人公も高校生に変わって、ハインラインの「宇宙の戦士」のような成長物語となっている。

 主人公、不二本誠は両親を前作の抗争事件で失った孤児。いわゆるオタクで小太り、ゲームびたり。でもどこか真面目で負けず嫌い。オタク仲間の友達秀記と、ドイツからの女子留学生グリセルダと日々を過ごしている。巨大ロボット兵器「メカ」のパイロット志望だが、彼の行くところ修羅場が常に待っている。

 士官学校の入学試験ではテロリストのために友人を失い、実技試験では個人的偏見を持った試験官の嫌がらせにあうなど散々。だがエリート街道をゆく女子優等生範子の助けを得て第二の進路を見つけることができる。そこでの地獄のような訓練を経て、友人もできた。ドイツに戻ったグリセルダと再会するが、ナチス政権のドイツと日本合衆国は険悪で、グリセルダとの交友が原因でリンチにあうなど、なかなかいいことがない。

 そんな誠が公式任務で赴いたのはナチスとの国境、そこでまたまた過酷な運命が待っている…

 とにかく誠の行くところ、修羅場と殺戮と破壊のオンパレード。つかの間の幸せをことごとく叩き潰す出来事が連続するが、そんななかでも人とつながり、立ち上がり、這い上がってく姿がいい。前作に登場した特高の槻野昭子もいい味を出している。また、前作ラストで活躍した少年メカパイロット、久地樂が相変わらずの傍若無人っぷりで登場するのも嬉しいところ。

 前作とはカラーは少し違い、メカバトルもたっぷり。権謀術数そのものより、それに振り回されながらたくましく生きる若者たちの姿には明るさがある。

「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」読了2020年11月24日 18:13

 ピーター・トライアスの「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」を読了。

 文庫(上下2巻)とHPB版が同時出版されているこのシリーズの第1作。表紙イラストには零戦的な日の丸を左肩に描いた巨大ロボット。正直キワモノ感満載の見た目。多少色眼鏡をかけて読み始めた。

 タイトルをみれば想像がつくが、第二次大戦で枢軸国側が勝利し、日本軍は核魚雷でサンノゼを攻撃、巨大二足歩行ロボットで西海岸を制圧、アメリカ東海岸はドイツが制圧し、アメリカ合衆国は消滅したという設定。フィリップ・K・ディックの「高い城の男」へのオマージュが散りばめられている。

 日本合衆国(USJ)はロサンゼルスに首都を置いているが、その当地は軍国主義そのもの。監視と弾圧、「特高」という嫌な響きの役人が闊歩し、軍人が我が物顔。そしてもちろん官僚制もきっちり敷かれ、見事に腐敗しきっている。そんなUSJで、市民は「電卓」と呼ばれるポータブル端末でネットワークに接続し、ゲームや通信を行っている。その環境の中で密かに流布しているのが、第二次大戦で連合国側が勝利したという設定のシミュレーションゲーム、「USA」。もちろんご禁制のゲームである。

 このゲームを追って、優秀だが感情の制御が不完全で暴走する、危険で思想的にコチコチの特高課員である槻野昭子と、うだつの上がらない中年に差し掛かった女たらしでぐうたら少尉(を装っている風)の石村紅功の二人がギクシャクしながら動き出す。

 二人の人間が互いを理解し合う過程を読者も追体験していくことになる。このあたりがしっかりと描かれているのが素晴らしい。ラストの一章は強い余韻を残す。

 キワモノどころか、エンターテイメントと人間ドラマがきちんと融合した佳作。