楯野川 純米大吟醸 清流 半宵銀 半宵碧 を飲む2021年04月25日 10:12

 山形県の楯の川酒造が、FooFightersとコラボレーションした日本酒を2種類販売しているということで、早速オンラインショップ経由で購入。一緒に一番スタンダードな「楯野川 純米大吟醸 清流」も注文。

 まず「楯野川 純米大吟醸 清流」から。米の香りが口に含んだ瞬間伝わってくる。甘さと僅かな発泡、アルコール度数が14%と低めだが、酒としての力はきちんと伝わってくる。スッキリとした味わいで、食前にも食中にも、もちろん単独でもいい。

 そして、FooFightersのアルバム「Medicine At Midnight」にインスパイアされたという「半宵」。ラベルのロゴのインパクト(最初は不思議な印象)はwebページを参照されたい。まずは「半宵銀」から。ロックな面をイメージしたと言われているが、確かにスッキリ、キリッとした飲み口で、甘さというよりキレ優先。すっと喉を通っていく。「楯野川 純米大吟醸 清流」に比べて辛口な感じで、食中酒でどんどん進む。真夏の蒸し暑い夜にスッキリ飲みたいときなど、最高だろう。

 一方の「半宵碧」は、ポップな面をイメージしたと言われている。こちらは銀とは対照的に、重めの味わいでしっかりした甘さとキレを併せ持っている。底流には酸味があって、これが甘さを引き締めてスッキリ感を与えているのだろう。これは食前酒、食後酒に最適。疲れた夜のナイトキャップといったところか。いずれも開栓時には僅かな発泡がある。

 瓶にはタグがつけられていて、そこにあるQRコードにアクセスすると特設ページにアクセスでき、醸造の様子を描いた動画を見ることができる。また、web上では「銀」「碧」それぞれのFooFightersno楽曲プレイリストも公開されている。

 私の周囲の酒店では取扱がなく、店舗では手に入らない日本酒だが、今はネットで直接購入できるようになった。ネットビジネス初期から日本酒は積極的にネット販売に取り組んできた印象のある業界だが、本当に便利でありがたいことだ。

黒糖焼酎「れんと」を飲む2020年01月01日 20:27

 家族が帰省して、少し大所帯となった。勢い酒の好みも違い、リビングのテーブルには数種類のボトルが並ぶことになる。

 そんな中でもずいぶん久しぶりの登場となったのが黒糖焼酎「れんと」だ。発売されたのは平成にはいってからの焼酎で、発売当初に「音響熟成」(タンクにクラシック音楽の振動を与えて熟成効果を得る製法。振動にはダイナミックレンジが必要なのでクラシックが最適とのこと)という面白さと黒糖焼酎という珍しさも手伝って一度飲んだことがある。その後焼酎からは離れたので、今回は久々の再会ということになった。

 きれいなブルーのボトルは変わらず。25度なので少々強め。口に含むと黒糖のかすかな甘い香りと、やはり上品な甘さが口に広がる。甘さはしつこく残ることはなく、スッキリと消えていく。上質の白ワインに近い感覚だ。もっとも度数が高いので、飲みやすいからと言ってグイグイやると足元が怪しくなるのは間違いないだろう。

 価格も手頃だし、スタンダードな焼酎が苦手な向きには良いかもしれない。

グレンファークラス 12年2019年12月29日 20:33

 年末なので、少々奮発してグレンファークラス12年を手に入れた。ずいぶん以前に一度飲んだことがあるが、山のモルト系の、クリアなイメージが残っている。

 パッケージも変わっていて、以前の風車のイラストはなくなり、シンプルでおとなしいラベルに変わっている。

 12年の色はやや濃く、飴色に近い。ピート臭もあるが、あまり強くない。口に含むとバニラ系の香り、そして甘い。グレンフィディックやグレンリベットのようなハチミツ系の香りと甘さではなく、むしろクリームのようなとろりとした甘さだが、後味はしつこくない。スムースで刺激も強くなく、スイスイといけそうな(おろそしい)飲み口だ。

 普段飲みには少々高額だが、ちょっとした節目に飲むのにいい酒だと思う。いくらか安く、かろうじて普段のみにできそうな、同じくグレンファークラス10年の味がどうかも気になる。

Bombay Sapphireを飲む2018年06月24日 19:14

 Bombay Sapphireを飲んでみた。

 ジンは独特の青臭さ・薬臭さで苦手だと言う人もいるし、安いジンだと時に苦味を感じることもある。スーパーなどでもお馴染みのBeefeaterあたりがこれまでジンの定番ボトルだったが、Bombay Sapphireはお値段がその約2倍。ちょっと二の足を踏んでいた。ところがたまたま立ち寄ったスーパーでプライスダウン、1.5倍強のお値段だったので、試しに一度と買ってみた。

 Beefeaterは口に含むと、口の真ん中でどしっと主張する。ボディがしっかりしたマッチョな感じ。音で言えば広がりより芯のDENONのDL-103あたり。これはこれでなかなかのものだ。
 一方Bombay Sapphireは口の中で左右にすっと広がっていく。主張はきちんとしているが、この広がりはなんとも言えない。音で言えば音像の広いAudiotechnicaのAT-33系列か。

 Bombay Sapphireは主張を押し付けることもなく、しかしジンとしての凛とした存在感がある。ストレートにしても、ロックやソーダでも、それが変わることはなさそうだ。

グレンタレットを飲む2017年11月25日 21:55

 久しぶりにシングルモルトを飲もうと、行きつけの酒屋に行って驚いた。

 普段飲みのモルトにしていた「グレンリヴェット」の値段が倍近くに跳ね上がっている。おいそれと買えるような値段ではない。お馴染みの「グレンフィディック」はあいにく品切れ。気がつけば「ボウモア」も「ラフロイグ」も軒並み高騰。懐具合と相談しても、少々苦しい。

 売り場に目線を泳がせることしばらく、ふと見慣れないボトルが目についた。それが今回飲むことにした「グレンタレット」。最近入荷するようになったらしい。値段も以前の「ボウモア」や「ハイライドパーク」ぐらいで、まあ、なんとかなりそうなところで収まりそうだ。

 スコットランド最古の蒸溜所で作られているこのシングルモルト、色は明るい黄金色。口に含むとモルトの香りやバニラの香り、フルーツの香りが広がる。僅かな苦味とオイリーな味の刺激が特徴的だ。スモーキーな感じもしっかりあって、色から想像するよりしっかりとしたボディを持っている。フィニッシュもしっかり残り、じっくりと楽しめる。

 財布にはちと重いが、新しい普段飲みというより、ちょっとしたご褒美飲みに良さそう。