インスタバエの末路2023年02月01日 20:14

 「インスタ映え」に猫も杓子も入れあげて、マスコミも無責任にそれを煽る。誰でもかんたんに社会的承認欲求を得られる(大勢に手軽にほめてもらえる)ということで、「効率的」に自己評価を上げようという輩が増える。裾野が広がれば、当然レベルは低下する。

 かくして「インスタ映え」は「インスタバエ」と揶揄されるまでになってしまった。こうなればもう「駆除」対象と言われても仕方ない。なにせ今や清潔になった日本ではあまり姿を見ない害虫「ハエ」なのだから。

 さすがにハエだけに、最近は外食フランチャイズ店に頻繁に出没しているようだ。「映え」を追うのは人間だが、「ハエ」になってしまってはどうしようもない。衛生管理の観点から、「ハエ」の温床になっているスマホやカメラの飲食店持ち込みが禁止となる風潮が出てくるのではないだろうか。宣伝効果よりも「ハエ」による被害や風評被害のほうが大きいのだから。

麦わらが泣いている2023年01月31日 20:38

 リモートで行われるのは学校の授業や企業活動や会議だけではなかった。特殊詐欺や、挙句の果てには凶悪押し込み強盗事件まで、リモートで行われる世の中だ。

 首謀者は「ルフィ」と名乗ったらしい。もちろんあの「海賊王」になると宣言するキャラクターの名前をいただいたのだろう。本家からすれば青天の霹靂、とんだ迷惑だ。

 しかし翻ってみれば、そんな犯罪に絡め取られる、傀儡のような立場に置かれる人々が現れる背景には、所得格差と貧困、人件費をコストと考え、コストカットこそが経営の鏡と考える風潮がある。貧すれば鈍するという言葉通り、貧困は人の理性を狂わせる。

 異次元のなんだかんだと喧しいが、衣食足りて礼節を知るという言葉もある通り、まず衣食がすべての人に足りる社会を作らねば。それが「異次元」でなければ達成できないのであれば、由々しき事態だ。

育休中のリスキリング2023年01月29日 21:15

 育休中のリスキリングを支援したいという与党の提案があったそうだ。

 そういう君たちが「育児」をリスキリングしてはどうだろう。子供が少なくて困っているのなら、子育てスキルぐらい率先して身につけてはどうだろう。育児スキルを持った議員もいないわけではないのだから。

 国政に携わる議員は庶民の生活とは離れたところで働いているなどと、都合のいいところで儒教を持ち出さないでもらいたい。議員は単に国民の票で選ばれただけで、国民に背を向けているようでは議員の資格などない。早くリスキリングして転職を考えたほうがよろしい。国のために育児に邁進する元議員が現れたら、もっと国民も議員に信頼を寄せるだろう。

寒波2023年01月24日 21:56

 寒波到来。

 仕事もそこそこに片付けて帰宅。渋滞で普段の倍の時間がかかった。途中の交差点一ヶ所はガチガチに凍結。車も人もいない場所だったが、ひやひやもの。スリップして横転したトラックにも遭遇。

 明日は道路凍結必至。

賃金アップ2023年01月23日 21:49

 賃金アップの方向へ、労使ともに動きそうだという。

 だが、中小企業の利益を食いつぶす形でコストダウンを図って収益を上げた大企業が賃金をアップしただけでいいはずがない。大企業はさらに中小企業からむしり取ったコストもきちんと還元しなければならない。そうしないと大多数の国民の賃金は上がらない。

 ものには適正価格がある。それを割り込めば「安かろう、悪かろう」になるのが当然。こんなに安くていいのか?なんて言われる商品には、たいてい後でこちらの首が締まるようなからくりがあると思ったほうがいい(創刊号だけとんでもなく安いのに、次からはその4倍近くの値段になる習慣模型製作雑誌など…)。

 適正価格も払えないほどの賃金の低さは、デフレスパイラルを生む元凶だ。電気代も上がると言われているのだが、これもまたある程度は適正価格。これを賄えるだけの賃金を通常の賃上げだけで解決できないということは、それだけ払うべき賃金を払っていない状態が長くつづいたツケが膨れ上がった結果とも考えられる。

 消費者の目利き(もちろん、失敗することもある。人間の選択に100%の正解などありえない)こそが、正しい賃金と正しい消費を支える。勉強しない消費者ほどむしりやすい相手はいない。むしられにくい消費者を目指すことが、所得や就労の確保にも直結する。