「セクシー地帯」を観る2023年01月27日 22:18

 「セクシー地帯」を観る。1961年、石井輝男監督。「地帯(ライン)」シリーズの4作目。

 天知茂は今回は登場しない。前作「黄線地帯」でヒロインの恋人役だった吉田輝雄が主役、相手役のヒロインはシリーズ皆勤賞の三原葉子。

 銀座のあの時計台を起点に起きる、今回もまた地下に潜った売春組織とのバトルなのだが、タイトルから想像するようなエロティックな場面は、今の目から見ればほぼゼロ。どちらかといえばライトでポップでおしゃれなアクション映画とでも言おうか。

 組織の怪しさやいかがわしさもソフィストケーとされて、どこか間抜け。主人公もおっとりで結局振り回されているだけ。罠にはめられているフォーマットはシリーズ共通だが、社会への怒りも恨みもない。

 むしろ女性が男たちを振り回しては災難にあい、またそれを切り抜けてたくましく生きている姿のほうが印象的だ。どんくさくて垢抜けなくて、いつまでもドロドロとした過去にこだわっている男に比べて、あっけらかんとたくましい女性たち。それも時代性かもしれない。というより、こんなおしゃれな作品が日本で制作できていたことが驚き。

「黄線地帯(イエローライン)」を観る2023年01月26日 21:32

 「黄線地帯(イエローライン)」を観る。1960年、石井輝男監督、渡辺宙明音楽、「黒線地帯」に続く「地帯(ライン)」シリーズの第3作で、この作品はカラーだ。

 基本のストーリー構成は「黒線地帯」とほぼ同じ。罠にはめられた主人公が自分を陥れた相手を探し出すストーリーで、主人公衆木を演じるも天知茂。ただ今回は主人公が殺し屋。天知の危ない雰囲気はこちらのほうがぴったり。

 衆木が自分の生い立ちを語るのだが、孤児院の予算の貧しさで卵焼きさえ食べられなかったというのは、昔の話とはいえない現状を考えればドキッとする。そんな彼が人間不信となり、更に貧富の差と富裕層の腐敗に怨嗟をもって殺し屋となるというのも、最近の世相や不寛容の蔓延を考えるとゾッとする。

 事件に巻き込まれる女性は三原葉子。彼女が衆木に人質にされ、隙を見て百円札(もちろん当時)に拉致されたことを知らせるメッセージを書くのだが、このメッセージが書かれた紙幣が人々の手に渡り、事件を紐解く手がかりとなっていく。

 物語のなかで巻き込まれる若い女性が登場するのも「黒線地帯」と同じ。彼女が事件に巻き込まれるのがなんとも強引であっけにとられてしまうのもまた同じ。ただ、今作は主人公衆木のキャラクターを掘り下げたのと対照的に、女性キャラクターがみんななんとも不自然。リアリティがないのが辛い。

 物語中盤に登場する、神戸に設定された怪しげな歓楽街「カスバ」は、おそらくその名前から旧フランス領アルジェリアのカスバと、そこを舞台にした「望郷」からのイメージを流用したのだろうが、入り組んだ狭い路地、うらぶれて猥雑な雰囲気、そして雨、連想したのは「ブレードランナー」の雨のロスの雑踏。そういうあたりも面白い。

 ストーリーは明快で、テンポの良さは文句なし。細かいことは突っ込まず、サスペンスを楽しむ作品だろう。ただ、ラストはビターテイストだが。

「黒線地帯」を観る2023年01月25日 17:26

 「黒線地帯」を観る。1960年の日本映画。監督は石井輝男。主演は天地茂、三原葉子。

 ハンサムでちょっと危なげ、カミソリのような鋭さ。天知茂のイメージといえばこんな感じ。ソフィストケートされた明智小五郎というはまり役もあったが、この作品ではもっと若くて奥手で真面目なトップ屋(これも死語か…フリーで特ダネを追うジャーナリストのこと)。

 売春禁止法で売春が地下に潜り、麻薬や犯罪組織と繋がり始めた時代、そんな社会の暗部を抉り出そうと奮闘する主人公町田だが、組織の罠にはまり、女性殺しの濡れ衣を着せられてしまう。八方塞がりの彼は身の潔白を証明するために更に組織へと接近していく。そんな中で出会ったのが、悪女なのにどこか憎めない摩耶という女。友人のトップ屋からも追われた町田は、なんとか48時間友人の告発を待ってもらう交渉に成功。そして…

 細かいところは少々不自然でもお構いなしにぶっ飛ばすスピード感がすごい。わずか90分足らずで定番のストーリーをきちんとまとめてしまう。途中、かなり図々しくて向こう見ずな女学生役で登場するのが後の昼メロの女王、三ツ矢歌子というのも驚き。モダンジャズ系のスピード感あふれる音楽は渡辺宙明。キカイダー(実写版)や戦隊もの、そしてあの「マジンガーZ」を手掛けた作曲家。今にして思えば豪華なスタッフだ。

 50年代末から60年代初頭のちょっといかがわしくて猥雑な街の空気も今の目から見れば新鮮。

寒波2023年01月24日 21:56

 寒波到来。

 仕事もそこそこに片付けて帰宅。渋滞で普段の倍の時間がかかった。途中の交差点一ヶ所はガチガチに凍結。車も人もいない場所だったが、ひやひやもの。スリップして横転したトラックにも遭遇。

 明日は道路凍結必至。

賃金アップ2023年01月23日 21:49

 賃金アップの方向へ、労使ともに動きそうだという。

 だが、中小企業の利益を食いつぶす形でコストダウンを図って収益を上げた大企業が賃金をアップしただけでいいはずがない。大企業はさらに中小企業からむしり取ったコストもきちんと還元しなければならない。そうしないと大多数の国民の賃金は上がらない。

 ものには適正価格がある。それを割り込めば「安かろう、悪かろう」になるのが当然。こんなに安くていいのか?なんて言われる商品には、たいてい後でこちらの首が締まるようなからくりがあると思ったほうがいい(創刊号だけとんでもなく安いのに、次からはその4倍近くの値段になる習慣模型製作雑誌など…)。

 適正価格も払えないほどの賃金の低さは、デフレスパイラルを生む元凶だ。電気代も上がると言われているのだが、これもまたある程度は適正価格。これを賄えるだけの賃金を通常の賃上げだけで解決できないということは、それだけ払うべき賃金を払っていない状態が長くつづいたツケが膨れ上がった結果とも考えられる。

 消費者の目利き(もちろん、失敗することもある。人間の選択に100%の正解などありえない)こそが、正しい賃金と正しい消費を支える。勉強しない消費者ほどむしりやすい相手はいない。むしられにくい消費者を目指すことが、所得や就労の確保にも直結する。