「幸せはシャンソニア劇場から」を観る2021年02月01日 23:23

 「幸せはシャンソニア劇場から」を観る。2008年のフランス・ドイツ・チェコ映画。

 1936年、パリ。不況にあえぐパリの下町にあるシャンソニア劇場は、町の黒幕である不動産業者に差し押さえられてしまう。支配人は自殺、劇場は閉鎖。裏方のビゴワルも失業。浮気三昧の妻には逃げられ、アコーディオンを流しで演奏して父を助けていた息子も補導され、再婚して落ち着いた母親に親権まで奪われてしまう。

 ビゴワルは仲間と劇場の再建に取り組むことになる。紆余曲折の後、見事に再建はできるのだが、好事魔多しのことわざ通り、パリ祭の夜に事件が起きてしまう…。

 派手でもなく、刺激的でもなく、でも楽しく、小粋で、弱いものに寄り添って、根っからの悪党もいなければ、清廉潔白な善人ばかりでもない。品のいい艶笑あり、時代背景もきちんと反映されていて、本当にいいフランス映画の典型のような作品だ。そして歌。アメリカのミュージカルとも違う、シャンソンの調べが心地よい。

 ロードショーにはかからない。シネコンでもうっかりしていると出会えない。でも、出会えたら幸せなひとときが過ごせる。こういう映画をスクリーンでゆっくり観るのは今や贅沢の極みだ。かく言う私もスクリーンではなく、ディスプレイで観たわけだが、考えようによっては観ることもできなかった作品にディスプレイで出会えるのは幸せかもしれない。

「マジンガーZ infinity」を観る2021年02月01日 23:42

 「マジンガーZ infinity」を観る。劇場に行き損なって残念な思いをしていたが、やっと観ることができた。

 物語はTV版の「グレートマジンガー」から数年後の設定。「UFOロボ グレンダイザー」はなかったこととされているようだ。物語冒頭、懐かしの「機械獣」軍団と戦うのはグレートマジンガーの方。もちろん強いのだが、ピンチに。

 兜甲児はパイロットを引退し、研究者として活躍している。そんな彼が迷いながら、悩みながら、最後にマジンガーに乗る。お約束といえばお約束すぎる時代劇フォーマットだが、やはり「マジンガーZ」の存在がそんなマンネリ感など吹き飛ばしてしまう。

 まさに「魔神」のごとく戦うマジンガーZ。そのすさまじい戦闘のカタルシスが何といっても一番のポイント。思わずグレートマジンガー不要論が浮かんでくるほどの圧倒的な強さを見せつける。そんなマジンガーZも終盤、TV版の最終回を彷彿とさせるような窮地に追い込まれて…

 アメリカの某映画は、最後の希望として立ち上がる和製ロボットに「ガンダム」を担ぎ出したようだが、そのシチュエーションに「ガンダム」は似合わない。やはりそこは「マジンガーZ」だろうと常々思っていたが、今作を見てやはりそれは間違っていないと実感。「ゴジラ」といい、「ガンダム」といい、どうやらハリウッドは日本のコンテンツの有り様に対する理解が今ひとつ深くないようだ。

 TV版のお約束のコメディリリーフ、ボスボロットも健在。大人になったボスのいい男っぷりはますます磨きがかかっている。さすが右門大介=デュークフリードにいい友人だとうらやまれただけこのとはある。TV版へのトリビュートも丁寧。往年のロボットアニメの王道を行く、ある意味教科書的作品といえる。

無題2021年02月04日 21:14

 タイトルをつける気も起きない。

 かつてわれわれはある人物を教育を司る大臣に担いだ。
 かつてわれわれはある人物を首相に担いだ。
 今われわれはある人物をスポーツと称する活動の総括者として戴いている。

 トランプを大統領に担いだアメリカを笑う資格は、もはやわれわれには微塵もない。

 そして、女性に敬意を払えない人間が、女性にしか敬意を払えないとも思えない。

 もちろん、その取り巻きもまた同じだろう。

 その末端には、先端に灯油を染み込ませた雑巾をくくりつけ、火をつけた状態の棒を振り回すことの危険性にすら気づかない連中がいる。そしてそんな危険な「芸」を見て喜ぶ連中がいる。

 不届き者を追放するだけでは何も解決しない。そんな連中をのさばらせたのは、ほかでもないわれわれ自身だ。

 ある人物、その実体はわれわれ自身である。

「オルフェ」を観る2021年02月07日 22:23

 「オルフェ」を観る。1950年のフランス映画。

 監督はジャン・コクトー。メリエス以来のフランス伝統のトリック撮影(特撮というには素朴)を使った幻想的な作品。もちろん「オルフェウス」の神話を下敷きにしているが、何よりここでは死神である女性がいい。今で言う「ツンデレ」なのだが、ラストの選択が実にハードボイルド調でかっこいい。部下にも上から目線でつっけんどんなので、ラストの”mercy”が一層重みをましている。

 高級車(当時の)に乗った死神、その手下はバイクに乗った二人組、死神に対する裁判が殺風景な事務所的場所で、オヤジ数名で行われるなど、明らかに現代風(1950年の)な演出もあるが、それはそれでいい味を出している。フィルムの逆回しという古典的トリックが後に伏線になっていくなど、今からすればチープなトリックを逆手に取った演出も見事。

 こういう映画はモノクロに限る。事故のシーンもリアルではなく、事故の瞬間は見せずに音や象徴的なものを写すことで表現する奥ゆかしさは、今の映画からは失われた美徳かもしれない。

 レストアされたモノクロ画面はきりっと引き締まって美しさを取り戻している。劣化したアナログフィルムからの情報を引き出し、蘇らせるのには、デジタル技術はもはや必須だ。そのおかげで過去の名作がよみがえるのだから。

「メカ・サムライ・エンパイア」読了2021年02月21日 14:36

 ピーター・トライアス「メカ・サムライ・エンパイア」読了。

 前作「ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン」の数年後が舞台となり、主人公も高校生に変わって、ハインラインの「宇宙の戦士」のような成長物語となっている。

 主人公、不二本誠は両親を前作の抗争事件で失った孤児。いわゆるオタクで小太り、ゲームびたり。でもどこか真面目で負けず嫌い。オタク仲間の友達秀記と、ドイツからの女子留学生グリセルダと日々を過ごしている。巨大ロボット兵器「メカ」のパイロット志望だが、彼の行くところ修羅場が常に待っている。

 士官学校の入学試験ではテロリストのために友人を失い、実技試験では個人的偏見を持った試験官の嫌がらせにあうなど散々。だがエリート街道をゆく女子優等生範子の助けを得て第二の進路を見つけることができる。そこでの地獄のような訓練を経て、友人もできた。ドイツに戻ったグリセルダと再会するが、ナチス政権のドイツと日本合衆国は険悪で、グリセルダとの交友が原因でリンチにあうなど、なかなかいいことがない。

 そんな誠が公式任務で赴いたのはナチスとの国境、そこでまたまた過酷な運命が待っている…

 とにかく誠の行くところ、修羅場と殺戮と破壊のオンパレード。つかの間の幸せをことごとく叩き潰す出来事が連続するが、そんななかでも人とつながり、立ち上がり、這い上がってく姿がいい。前作に登場した特高の槻野昭子もいい味を出している。また、前作ラストで活躍した少年メカパイロット、久地樂が相変わらずの傍若無人っぷりで登場するのも嬉しいところ。

 前作とはカラーは少し違い、メカバトルもたっぷり。権謀術数そのものより、それに振り回されながらたくましく生きる若者たちの姿には明るさがある。