「アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風」を読む2022年08月06日 17:45

 「アグレッサーズ 戦闘妖精・雪風」を読む。神林長平の「雪風」シリーズもこれで4作目。5作目も現在連載中。

 本当に長いシリーズになった。シルフ時代の雪風の終焉で終止符を打った第一作から、思弁性、言語と世界認識といった神林作品の主流へとの接近と、次第に難解度も増して、前作「アンブロークンアロー」では一気にハードな理論合戦(というより、認識合戦というべきか)となっている。

 正体不明の異星知性体、ジャムの侵攻が、地球人ロンバートのジャム側への裏切りと全面宣戦布告で新たな局面を迎える前作、超空間で地球とつながったジャムの本拠らしきフェアリイ星でジャムと最前線で戦うフェアリイ空軍への大打撃、そして南極海上でのジャーナリスト、リン・ジャクソンと主人公深井零との印象的な出会い。AI知性体としての「雪風」との腹の探り合いも続く。

 しかし今作はどちらかと言うと、大打撃を受けたフェアリイ空軍の立て直しと戦略変更がメインとなる。零と主治医のエディスとの、なんとなくほのぼのとする、見ようによってはバカップルのような会話、零と相棒となる桂木とのちょっととぼけたようでいながら、鋭い直感力を持つ言動がいいバランスでストーリーをすすめていく。

 新キャラクターも登場するが、日本のアグレッサー機、飛燕と共にフェアリイに来た伊歩も印象的だ。フェアリイ空軍に来るパイロットはみな一癖ある、ソシオパス系のキャラクターだが、彼女もそんな一人。だが、ラストでは意外とキュートな一面も見せて魅力的だ。

 そして、やはり「雪風」。何を考えているかわからないといいながら、一番ジャムとの戦いに「燃えて」いるのは雪風だろう。クーリィの「雪風はやる気だ」という一言はいいえて妙だ。本作ラストでの登場の仕方がまたいい(そして、そんな雪風の動きをとっさに察して行動する桂木も、コミックリリーフ的な登場とは言え、切れ者にはちがいない)。

 単なる「戦闘」ではなく、政治力も求められるようになった、新たなジャム戦。物語も思弁を重ね、さらに進んでいく。楽しみだ。

「爆発の三つの欠片」読了2022年03月12日 22:38

 チャイナ・ミエヴィルの第2短編集、「爆発の三つの欠片」を読了。

 取り掛かってからずいぶん時間がかかってしまった。読めない時期もあったのだが、短編集ということもあり、途中でストーリーを忘れて再読ということはなかった。

 全28の短編、シナリオ、エッセイ風文章が収められた短編集だが、どの作品もスッキリと終わったりしない。どこかおぼろで、霧の中に溶け込むような作品が多い。はっきりとすべてが語られるわけでもなく、わかりやすい結末があるわけでもない。

 ホラーテイストの話も、抽象的な話も、もちろんSFも。バラエティに富んではいるが、概して歯ごたえのある作品群。読む側もそれなりのコンディションを整えてかかる必要がある。気力・体力のあるときに、再読、再再読していくことも必要だろう。

 不条理、理不尽といった世界に直面させられる短編集。カビの生えた古臭い、見下される対象としてのSF小説と思って手を出すと、てひどいしっぺ返しを食らうだろう。ミエヴィルの長編はわかりやすいところがあるが、短編は彼のイメージとアイディアの奔流のようだ。うかうかすると流れにさらわれて、ズルズルと闇のなかに引きずり込まれてしまうかも。

 「〈蜂〉の皇太后」「クローラー」「ゼッケン」「キープ」「ウシャギ」「馬」「デザイン」あたりが印象強い。

「山田全自動の日本文学でござる」を読む2022年03月04日 20:55

 「山田全自動の日本文学でござる」を読む。

 落語や浮世絵風の「あるある」ひとコマで人気の山田全自動が日本文学を題材とした本を出した。

 浮世絵風はやや影を潜めたが、「東海道中膝栗毛」や「曽根崎心中」をはじめとして、渋いところでは山川方夫の「夏の葬列」なんていう作品まで登場する。

 太宰は「人間失格」「斜陽」の2作。梶井基次郎の「檸檬」もなかなか秀逸。原作のツボはきちんと押さえ、現代人的な感覚の表現や突っ込みもさり気なく折り込みながら、きれいにまとめている。そこここに原作に対する愛情を感じるので、今どきのギャグにつきものの軽薄さや予定調和的ボケもない。

 各作品のあとに置かれたコラムも面白い。浅からず、深からず、絶妙の立ち位置で描かれた山田全自動流日本文学、面白い。

「紙」か「データ」か2022年02月06日 15:16

 本は読むのだが、田舎者ゆえ店舗にあるとすぐ買ってしまう悪癖が抜けない。田舎では一度店舗からなくなると、本の入手は一気に困難になってしまう。注文しても要領を得ないままになったり、すでに版元品切れになってしまっていたり…手元不如意でそのうちにと思っていると、店舗から消え去り、ネットでは品切れ、中古価格は高騰、そんなことも珍しくない。

 第一、読む速度も考慮せずに買い込むので、勢い「積読」が増える。気がつけば家中本があふれるという体たらくになってしまう。

 そこに行くと電子出版のデータ本はありがたい。大判の雑誌などはピンチイン・ピンチアウトしないと字が読めずに面倒なこともあるが、活字本なら問題ない。だいたい何冊あってもサイズも重量も同じというのがありがたい。長大なシリーズ本も平気である。

 それに、電子出版の場合、紙の本より若干お値段も手頃なことが多い。これは魅力だ。

 だが、物としての本の所有の喜びやワクワク感は電子出版にはあまり感じない。読み終わったときの達成感も、物としての成果が見えないので、なにかあっけない。読み終わった時、ほんとにこれで終わったの?と感じてしまう。紙の本なら物理的に終わりがわかるのだ。

 棲み分けが一番いいのだが、棲み分けの線引きがまた一苦労。

「人をサル化する政府」2022年01月27日 21:31

 青空文庫の1月23日新着作品に「人をサル化する政府」という、なんとも刺激的なタイトルの作品がアップされている。

 人間は思考・想像の能力によって人間足らしめているのであり、その自由こそがもっとも重要なのに、人間の自由を抑圧する為政者は人間を「サル化」させるものであり、自然の摂理にも反する「天に対する大罪である。」とまで断言する。

 問題はこの文章が1876年(明治9年)のものだということだ。世界はまだまだ人間のものになりきっていない。

 アメとムチ、人事と権益で人を支配しようとするのもまた同様。

 筆者、植木枝盛がこの文章を発表したことでどんな目にあったかを知ると、ますます頭が痛くなる。150年経った今を筆者が見たら…