「パシフィック・リム」を観る2022年05月29日 09:20

 「パシフィック・リム」を観る。2013年、ギレルモ・デル・トロ監督のアメリカ映画。

 話題になっていながら、劇場に行くタイミングを逸し、それからはなかなか縁がないままだった作品。

 日本のサブカル・コンテンツの、それも王道というより少し傍流に流れているあたりへのオマージュいっぱいの作品。心理描写が薄いのは確かだが、この尺でこの内容なら無理もない。日本のサブカルの多くはTVシリーズが基本で、トータルでいえば12時間以上(最近は6時間弱)もの時間を積み上げて作成されているので、心理描写にも時間が使えるが、2時間ではどこかを端折らなければならない。ストーリーを破綻させないためには、心理描写は薄めになってしまう。

 作中の日本語の定着っぷりがまた面白い。どこか不自然で、でも意味は通る。意味と表現がどこかもどかしく乖離しているのは、日本語ネイティブ(菊池凛子演じる森マコは、幼少時にイギリス軍人に引き取られているので、日本語が不自然という設定なので、不自然でなければならない)ではない人々の日本語受容のスタイルとして興味深い。

 カイジュー(冒頭で日本語の「怪獣」であると明記)が海底の次元断層から責めてくる。それに対抗するための人類側の兵器がイェーガー(ドイツ語で狩人)。二足歩行人形ロボットであるイエーガーはパイロットのモーションキャプチャーで操縦するが、精神面での負担が大きいため、パイロットは二人のバディとなり、大脳機能を共有するシステムの起動時に互いの記憶を共有することとなる。まさに巨大ロボットもののフォーマットのてんこ盛り状態。このあたりをシリアスに掘り下げると、ドロドロの人間関係ドラマになりそうなので、少年マンガ的にさらっと流すのだが、ここが心理描写の薄さの原因の一つにもなる。ダークな部分は描けても、ダーティな部分は描きにくい。プライバシーに関連するセンシティブな部分ももちろんである。

 とまあ、そういう小難しい話をするのはこの映画には野暮だろう。おなじみの伏線と、おなじみのフラグをチェックしながら、ハデなロボットアクションを楽しむのがこういう映画の「お作法」だ。だからラストの甘さも許そう。そういうところも「日本のサブカル」そのままなのだ。

「キングコングの逆襲」を観る2022年05月24日 17:25

 「キングコングの逆襲」を観る。1967年の日本映画。

 日本版キングコング映画の2作め(1作目は「キングコング対ゴジラ」)。こちらはオリジナルの「キングコング」へのオマージュ色が強い。敵も恐竜に大ウミヘビと、オリジナルのキングコングと重なる。

 大きく違うのは、冒頭から登場するロボット「メカニコング」。出色の出来と言っていいだろう。これを特殊な鉱石「エレメントX」の採掘に使おうとする悪の科学者とそのスポンサーの某国工作員の暗躍が全体を通した悪役となる。悪の科学者は天本英世。こういう役ははまり役と言っていいだろう。

 某国工作員は浜美枝。今の目で見てもとんでもなく美しい。「007は二度死ぬ」でのボンドガール抜擢もうなずける。キングコングが一目惚れする金髪女性(これもフォーマット通り)よりも美人ではないかとも思ってしまう。

 怪獣が熱戦を吐くわけでもなく、キングコングが電撃放射をするわけでもなく、日本の怪獣映画のフォーマットからすれば地味な印象が強い。ドラマ面も当時の基準からすれば悪くはないが、それを引き立てるには特撮シーンが今ひとつ。もちろん当時としては高度な特撮なのだが、今の目で観るとチープさが目立ってしまう。それでも、浜美枝とメカニコングを見るだけでも価値はあるのではないか。

「宇宙からの暗殺者」を観る2022年05月07日 16:26

 「宇宙からの暗殺者」を観る。1954年のアメリカ映画。モノクロ。

 まあ、50年代のアメリカのモノクロSF映画なのだから、当然といえば当然の、ツッコミどころ満載映画。巨大生物はトカゲやゴキブリの接写。エイリアンは妙ちきりんなタイツ服に意味不明の大目玉。当時のアメリカSF映画といえば、まあこんなものだったのだろう。

 ちなみに1954年とは、東京をあの「ゴジラ」が暴れまわって火の海に変えた年。クオリティの差は歴然としている。「世界のツブラヤ」と尊敬されるのも当然だとつくづく思う。貧しくてもそういう遊び心と創意工夫で魅力的なコンテンツを生むのはこの国の歴史の一部だ(歌舞伎しかり、マンガしかり、アニメしかり、ゲームしかり)。だが、これが「儲かる」となるととたんに凋落してしまう(そしてそこから脱却するべくあがく)。

 あがきながらしぶとく甦り、生き延びるのもこの国のお家芸か?

「爆発の三つの欠片」読了2022年03月12日 22:38

 チャイナ・ミエヴィルの第2短編集、「爆発の三つの欠片」を読了。

 取り掛かってからずいぶん時間がかかってしまった。読めない時期もあったのだが、短編集ということもあり、途中でストーリーを忘れて再読ということはなかった。

 全28の短編、シナリオ、エッセイ風文章が収められた短編集だが、どの作品もスッキリと終わったりしない。どこかおぼろで、霧の中に溶け込むような作品が多い。はっきりとすべてが語られるわけでもなく、わかりやすい結末があるわけでもない。

 ホラーテイストの話も、抽象的な話も、もちろんSFも。バラエティに富んではいるが、概して歯ごたえのある作品群。読む側もそれなりのコンディションを整えてかかる必要がある。気力・体力のあるときに、再読、再再読していくことも必要だろう。

 不条理、理不尽といった世界に直面させられる短編集。カビの生えた古臭い、見下される対象としてのSF小説と思って手を出すと、てひどいしっぺ返しを食らうだろう。ミエヴィルの長編はわかりやすいところがあるが、短編は彼のイメージとアイディアの奔流のようだ。うかうかすると流れにさらわれて、ズルズルと闇のなかに引きずり込まれてしまうかも。

 「〈蜂〉の皇太后」「クローラー」「ゼッケン」「キープ」「ウシャギ」「馬」「デザイン」あたりが印象強い。

「アイアン・スカイ」を観る2022年02月23日 17:39

 「アイアン・スカイ」を観る。以前公開版は見ていたので、ディレクターズカット版を観た。

 まあ、おバカ映画である。もっとも、最近のメジャーどころの日本映画のような「おバカ」とは程度が違う。一発芸芸人の寒々としたギャグもなければ、芸能事務所絡みのゴリ押しを勘ぐらせるようなキャストによる過剰演技もない。一言で言えば「ブラック」。それも「真っ黒」なユーモアとギャグである。評価はおしなべて高くない映画だが、昨今の日本のメジャー映画など足元にも及ばない。

 ナチスが1945年から月の裏側(ダークサイド・オブ・ザ・ムーン…お約束のバカバカしい設定という雰囲気が本編からもありありと伺える言葉)に逃走し、ヘリウム3を資源としてレトロフューチャー的な「第四帝国」を築き、ゴチゴチのナチ思想で社会と教育を成立させているという設定。そこにアメリカの大統領選挙で支持率をあげようと、女性大統領が白服の宇宙飛行士と黒服の宇宙飛行士を宇宙船に乗せ、月面着陸させる。白服宇宙飛行士はナチスに発見されて射殺、黒服宇宙飛行士は捕虜にされ、ナチス本拠へ…そこでヘルメット(中は見えない)をとると、現れたのは黒人…ナチスの人種差別思想ではありえない事実に仰天するナチス上層部…

 強烈な人種差別、誇大妄想、権力闘争を当然のように受け入れているナチス、その思想に純粋(すぎるほど)培養されたヒロイン、そして脱走した黒人(当初からどこか変なキャラクターだが、実は大統領選の人気取りのために宇宙飛行士に抜擢された黒人男性モデル)の絡みは笑えながらもゾッとする。このゴチゴチのナチス思想が、アメリカ大統領選挙のキャンペーンとガッチリ一致し、国民の支持率が跳ね上がるというブラックさ。ナチスはドイツ国民によって民主的に政権を掌握した事実を考えると、笑いを通り越して恐ろしくなる。

 地球の各国首脳のバカさ加減もひどいが、実は各国の本音を丸出しにしているだけであり、どこかの国のウケ狙いとは全く違う。このあたりもまさに「真っ黒」。

 そしてラスト…もはや漆黒である。

 純粋培養ナチスの箱入り娘のヒロインが、登場した時はすこしギスっとした雰囲気なのに、ラストでナチスの実態を知り、自立し始めるとキュートなイメージに変わっていくのが面白い。

 2012年の映画。アメリカの宇宙戦艦はこの年だからあの名前だったのだ…もし2021年なら、もちろん別の…あの名前に…