「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」を観る2021年05月02日 19:53

 「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」を観る。2017年のイギリス・アイルランド映画。

 監督はギリシャ出身のヨルゴス・ランティモス。寓意的な作品で気になっていた監督だが、今回がランティモス監督作品を観た最初となった。

 コリン・ファレル演じる心臓外科医スティーブンは、良妻賢母の鏡のような美しい妻アナ(ニコール・キッドマン)と、やや落ち着きはないものの利発な娘と息子にも恵まれ、幸せに暮らしていた…が、冒頭からなにやら不穏な空気が漂う。

 まず冒頭、開胸手術で露出している心臓のシーンから始まるところから不安が高まる。そしてスティーブンは謎の少年マーティンとぎこちない雰囲気で会い、プレゼントを送る。どうやら何かありそうだ。

 妻との関係も良好とはいえ、寝室ではなんとも不穏な夫婦のひとときを過ごすなど、どこか奇妙で病的なスティーブンだが、どうやら過去に医療事故を引き起こし、それが原因でマーティンの父が死んだということらしい。

 やがてそのマーティンが不吉なことを口走り始める。、スティーブンが行動を起こさないと、彼以外の家族がみんな奇病で死ぬというのだ。半信半疑だったスティーブンだが、子どもたちに予言どおりの症状が現れて…

 ここからは家族が崩壊していく。それぞれ生き延びるために必死になるのだが、それは他の家族の犠牲を前提としている。最後にスティーブンが取った行動は…

 淡々としたタッチで進むサイコホラーといえるだろう。一番怖いのは人間そのもの。人の信頼が壊れることほど恐ろしいことはない。「ウルトラセブン」第8話のラストの強烈な皮肉を思い出す。家族持ちにはいっそう辛く恐ろしく厳しい作品。