Raspberry Pi OSでのウィルス対策2022年01月14日 20:56

 Raspberry Pi OSであっても、ウィルスに無縁というわけではないので、ウィルス対策アプリは入れておくほうが無難。オープンソースを探すのはもちろん。

 clamAVというのがヒットしたので、インストール。

 sudo apt install clamav

 これだけで、ウィルススキャンアプリのclamAVとウィルス定義リスト制御アプリのfreshclamがインストールされ、freshclamは自動でデーモン起動する。

 ただし、この2つのアプリは実行権限ユーザとグループがどちらもclamavになってしまい、手動での動作確認をsudo経由で行うと、権限アウトで叱られる。そこで、

 /etc/clamav.conf
/etc/freshclam.conf

の2つの設定ファイルを

sudo nano 設定ファイル

で編集し、clamav権限をrootに書き換えてしまう。

 その後、再起動。手動で動作を確認する。

 sudo freshclam

 これでウィルス定義ファイルを手動更新。
 その後
sudo cramscan ---infected --remove --recursive (スキャンするディレクトリ)

 これで手動スキャン。infectedはウィルス発見、removeは発見したウィルスを削除、--recursiveはウィルス削除した場所を再スキャン。

 数分から十数分はかかるので、気長に待つ。

 スキャンが終了したら画面にレポートが表示される。これでひとまず設定完了。あとは

 sudo crontab -e

で、任意の時間に
 cramscan ---infected --remove --recursive (スキャンするディレクトリ)
を実行させるよう仕掛ければ、定期的にウィルス対策してくれる。