核抑止力2023年08月06日 16:17

 「世界中の指導者は、核抑止論が破綻しているということを直視するべきだ。」

 たしかにそのとおり。現にロシアも北朝鮮も、露骨に核をちらつかせて戦争や独裁体制を推進している。

 核抑止論の根底にあるのは、「核兵器に対する恐れと怒り」だ。能天気にきせかえ人形の実写コメディ映画とオッペンハイマーの伝記映画を「儲かるから」とノリでくっつけて遊ぶような連中に、核抑止論など通用するはずがない。以前述べたとおり、キャメロン以降のハリウッド映画の核の扱いを見るにつけ、すでにアメリカ一般大衆に核抑止論は通用しないのではないかと感じてしまう。金こそすべての資本主義という理屈でできた社会に、現実は無意味だ。

 ロシアに至っては、全く希望が持てない。ウラルの核惨事もカティンの森も、国によって隠蔽してきた歴史をもう一度蒸し返したいという現ロシア政権にとって、「核」についての認識は薄ければ薄いほど都合がよい。理屈でできた国に、現実は無意味だ。

 その意味で、理屈と過去の栄光にしがみつくことで権力を維持しようとするポピュリズムに、核抑止力という現実は消化しきれない。被爆国である日本ですら、被爆の現実を消化しきれない頭でっかちの理屈屋が跋扈し、そういう連中が「勝ち組」と称している。そういう危険性を、IT敗戦程度で踏みとどまっているうちに早く抜け出さなければ。

 もっともっと、「核は脅威だ」ということを伝えなければ。「シン・ゴジラ」は日本以外では大コケしたというが、その時点で(というより、初代「ゴジラ」がアメリカで完膚なきまでにゲテモノ映画に改変されたという事実からして)、もっともっと日本に、世界に、「核」の現実を伝えなければ。